男性ならではの白髪と白髪染めに関する悩み

女性とはちょっと違う!男性ならではの白髪と白髪染めに関する悩みとは?

白髪染めといえば女優さんを起用したCMをよく見かけるせいか、女性のイメージか強いですよね?

 

しかし、男性用の白髪染めもちゃんとあるわけで、男性だって白髪の悩みはあるんです。

 

白髪のせいで老けて見られるのが嫌なのと、いつだって若々しく見られたいのは男女共通ですからね。(笑)

 

ただ、男性と女性では白髪や白髪染めに対する考え方が少し違うようです。

 

ここでは、男性の白髪やおすすめの白髪染め選び、白髪染めと薄毛の関係など、男性がきになる情報を紹介します。白髪対策の参考にして下さいね。

日頃、仕事や付き合いに忙しい男性にとって、じっくり自分の白髪と向き合うことはあまりないのではないでしょうか?

 

まして、ひと手間かけて白髪をゆっくり染める時間なんて、そうそう作れるものではないですよね?

 

忙しい中でも手軽に白髪ケアができたらどれだけ楽か。やはり、できるだけ簡単に済ませられるのが理想ですよね。そんな男性におすすめしたいのが白髪染めシャンプーです。

 

白髪染めシャンプーは、その名のとうり髪や頭皮の汚れを落とすシャンプーでありながら、いつものように使うだけで同時に白髪も染められるというものです。「髪を洗う&白髪を染める」が同時にできる一石二鳥のすぐれものです。

 

白髪染めシャンプーは男性の白髪ケアにとってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

続きを読む≫ 2015/12/29 21:31:29

白髪を完全に隠したい女性に比べ、若作りはせず「自然体のままがいい」と考える男性は積極的に白髪染めをしない傾向があります。

 

白髪よりも抜け毛や薄毛への不安が強く、白髪染めによる頭皮へのダメージや、1度染めると定期的に染めなくてはいけないなどを理由に白髪を染めることを躊躇するのです。

 

かと言って、白髪を気にしてないわけではありませんよ。(笑)

 

とくに若いうちは「白髪=老けて見える」のが嫌ですし、歳を重ねたら重ねたで「若く見られたい」ですからね。男性用の白髪対策商品は女性用ほど種類が豊富とは言えませんが、白髪染めだけでなく白髪ぼかしというものがあります。また、理容室によっては白髪ぼかしができます。

 

通常の白髪染めは、染毛料を毛髪の内部まで浸透させて1度でしっかり白髪を染める即効性があり、黒髪を長く保ちたい方に向いているのに対して、白髪ぼかしはその名のとうり白髪をグレーに染め、白髪をぼかすことで黒髪となじませて白髪を目立たなくさせるというものです。

 

では、白髪ぼかしにはどのようなメリットとデメリットがあるのか詳しく見てみましょう。

続きを読む≫ 2015/12/16 12:57:16

カラーバリエーションが豊富な女性用の白髪染めに比べて、男性用は種類が少なく、ブラック中心の暗いカラーばかりです。

 

まあ、中年男性が茶髪じゃ信頼感が持てないといいますか、必死に若作りしているチャラい感じがとってもイタイ。(笑)

 

そこで、男を上げるおしゃれカラーとして注目されているのがグレーカラーです。

 

ある程度白髪の量が多い方限定にはなりますが、最近では国内外の素敵な俳優さんの間でも「魅せる白髪」が多く見るようになって、おしゃれでかっこいい男性の象徴のようになっています。

 

条件さえととのってしまえば誰にでも白髪は生えるわけで、何もしなければただの中年のおっさん確定ですから、白髪の量が増えてきたらいち早く白髪を味方にしたもん勝ちですよ。

 

では白髪をグレーに染めるメリットと、自宅で染める方法をご紹介します。

続きを読む≫ 2015/11/22 13:40:22

男性の白髪が生える平均年齢は34歳といわれ、ここから歳を重ねるごとに白髪の量がさらに増えていくわけですが、・・・

 

白髪があることで老けて見られるのは嫌ですし、いつまでも若々しくかっこ良くいたいのが本音。(笑)

 

平静を装っていても、白髪の悩みは男性にだってあるわけです。

 

でも、白髪が生え始めたらすぐに染めるべきなのか? 
1回白髪を染め始めたら、ずっと染め続けなくちゃいけない? 
白髪染めをすると頭皮にダメージを与える?
など、白髪だけでなく白髪を染めることに対しての悩みも尽きません。

 

では今後、白髪と上手に付き合っていくにはどうすればよいのでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/16 19:02:16

髪に関する悩みについて行ったアンケートでは、女性の1位が「白髪」に対し、男性の1位は「薄毛」という結果に。

 

続いて2位が「抜け毛」、3位に「白髪」がランクインしていますが、「薄毛」と回答した男性は全体の半数以上にもなります。

 

たしかに、白髪よりハゲることの方が嫌ですよね〜。(泣)

 

男性は白髪よりも抜け毛や薄毛に対する不安の方が強く、白髪染めを使用することで頭皮にダメージを与えてしまうのではないか、ハゲてしまうのではないかという心配から、白髪が気になっていても白髪染めを使うことに踏ん切りがつかないという方がいらっしゃいます。

 

本当に白髪染めを使うことで抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/11/13 12:07:13

白髪が生えはじめる35歳前後は、パサツキやゴワツキ、抜け毛や薄毛といった髪質の変化が起こる時。

 

男女ともに髪に関するさまざまな悩みが増える年齢ですが、とくに男性は薄毛や抜け毛が気がかりですよね。

 

白髪は染めたくても頭皮へのダメージが気になる場合、どのような白髪染めを使えばいいのでしょう?

 

たしかに、白髪染めにはしっかり染め上げるための薬剤などが複数使われているので、頭皮への負担を心配される方が多く、白髪を染める踏ん切りが付かない理由にもなっています。白髪はまだ我慢できても、ハゲは取り返しがつかないような気がしますからね。(焦)

 

しかし、白髪染めが抜け毛を引き起こすわけではありません。白髪染めに使われている薬剤は、抜け毛に関わる毛根にはほとんど作用しないからです。つまり、白髪染め=ハゲるというわけではないのですよ。

 

抜け毛や薄毛が心配な方は、髪や頭皮に優しい白髪染めを選びましょう。

続きを読む≫ 2015/11/12 12:53:12

白髪がまだ数本しか生えてない程度なら、見つけた時に切ってしまえば白髪なんてもともと無かったことにできます。

 

でも、あちこちに目立ち始めると、切るだけではもう手に負えません。(泣)

 

そうなってくると白髪染めの出番なわけですが、男性の場合はすぐに白髪染めを使わない方が多いです。

 

もちろん、白髪染めを使いはじめるタイミングには個人差があって、染め方も人それぞれ違いがあります。とくに、美意識が高い女性の場合は、白髪が少しでも目立つようになるとすぐに何かしらの手段を使って白髪を隠そうとしますし、男性に比べると白髪染めデビューも早いです。

 

男性だからといって白髪を気にしていないというわけではないですが、白髪染めを使う踏ん切りが付かないのは男性ならではの白髪染めに対する悩みがあるからなんですよ。

続きを読む≫ 2015/11/11 15:30:11

ある程度の歳を重ねると白髪が生えてくるのは仕方がないとは思っていても、いざ見つけるとショックなんですよね〜。(泣)

 

今、白髪が生えてしまっている現状が正解なのかどうかさえわからない・・・

 

気になるのは、一体いつぐらいから白髪が生えてあたりまえなのか、男は何歳から白髪が生えるのが普通なのかってこと。

 

白髪といえば、加齢にともなう身体の変化の1つで「老化の象徴」ではありますが、生える条件さえそろってしまえば、男女関係なく10代20代の若さでも白髪が生えることがあります。

 

白髪になる原因は加齢以外にストレスや栄養不足による頭皮環境の悪化や、病気や遺伝なども考えられ、日頃なにげなく過ごしている日常生活のなかで、知らず知らずのうちに自ら白髪を増やしている可能性だってあるんですよ。

 

ここでは男性の白髪が生える平均年齢について詳しく見てみましょう。

続きを読む≫ 2015/11/10 15:26:10

女性用に比べると品数は少ないですが、男性用の白髪染めも髪や頭皮にやさしく、染めやすいものが増えています。

 

健康的な黒髪は見た目年齢をぐっと若くしますし、いつまでもカコイイ男でありたいと思うのは当然ですよね。(笑)

 

白髪を染める目的は男女共通でも、男性用の白髪染めならではの特徴があります。

 

むか〜し昔、その昔は、市販されていた白髪染めは男女兼用のもので、現在のような女性用や男性用には分かれていませんでした。そもそも、白髪染めに使われている基本的な成分は男性用、女性用とも共通で、白髪が染まる原理も同じですからね。今でも男女兼用の白髪染めは存在しているんですよ。

 

では、現在の男性用白髪染めの特徴を見てみましょう。

続きを読む≫ 2015/11/06 11:34:06

男だって白髪に悩みます。「かっこ良く見られたい!」「若く見られたい!」と当然思っています。

 

しかし、厄介なことに同時期に気になり始めるのが抜け毛や薄毛・・・

 

白髪はどうにかしたいけど、白髪染めを使うことでデリケートな頭皮にとどめを刺してしまいそうで怖い、一気にハゲそうな恐怖感がハンパない。(泣)

 

そんな頭皮に不安のある男性におすすめしたいのが、洗うたびに自然な髪色に染まってくれるシャンプータイプの白髪染めです。

 

白髪染めシャンプーは一般的な白髪染めに比べて染髪力が弱く、しっかりと着色するには繰り返し使う必要がありますが、髪や頭皮にやさしく安全性の高い白髪染めとして注目されています。

 

使い方はとっても簡単で、ただ髪を洗えばいいのです。いつも使っているシャンプーを変えるだけですし、放置時間や染める手間がかかりません。使い続けることで徐々に染まるので「いかにも染めた!」という感じがなく、自然な髪色に仕上がるので目立たずに白髪ケアができますよ。

 

また、同一商品のコンディショナーやトリートメントを併用することで、髪を補修しながら色の定着を助けてくれるので染まりが良くなります。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

続きを読む≫ 2015/08/27 12:34:27

白髪の多くは加齢が原因とされ、50代では髪のおよそ半分が白髪になるといわれています。

 

髪を黒くするメラニン色素づくりに必要な酵素の働きが40歳前後から衰え始め、髪に色をつけることができず徐々に白いままの髪が増えるためです。

 

しかし、現在「若白髪」と言われる10代や20代の白髪が増加しています。

 

白髪というと年齢を重ねるとともに増えるイメージですが、条件さえ整えば年齢とは全く関係なく若くても白髪が生えるということです。白髪は老化現象や苦労の象徴のように見られてしまうので、若白髪に悩んでいる方の戸惑いは大変大きいものでしょう。

 

20代男性に白髪が生える原因やその改善方法はあるのか、20代男性の白髪について詳しくみていきたいと思います。

続きを読む≫ 2015/03/09 20:47:09

ドラッグストアやスーパーなどにはたくさんの種類の白髪染めが店頭に並んでいますね。とくに女性用は各メーカーが力を入れて展開している様子がうかがえます。

 

白髪を染めるだけではなく美髪になるための美容成分が配合されていたり、カラーバリエーションが豊富で気分や流行によってさまざまなカラーを楽しめます。

 

 

一方男性用はというと、白髪染めとしては黒っぽいものが多く、わざと白髪をより良く魅せる「グレー」が流行っています。芸能人にも最近増えてますよね。

 

白髪を染める目的は同じですが、男性用と女性用にはどのような違いがあるのでしょうか? 
もっと昔にさかのぼれば、パッケージに男性と女性が一緒に写っていて、男性用や女性用といった区別がなかったように思います。いつから現在のように別々になったのでしょう・・・

続きを読む≫ 2015/02/02 16:02:02

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧