シャンプーで落ちない白髪染めまとめ

白髪染めが落ちないシャンプーを使った方が良い理由とは?

ここでは、白髪染めが落ちないシャンプーを使った方が良い理由についてお伝えしたいと思います。

 

安いからと言って何度も染めると逆にコストがかかったり、色落ちするたびに染め直すので、頭皮に悪かったりしますよね?

 

市販の安いものと、そうでないものはどんな成分が違うのか?どうして色が抜けにくいのか?利用者の感想を交えながら紹介します。

 

そもそも、シャンプーにはいくつかの種類があって、白髪染めが落ちやすいものと、白髪染めが落ちにくいものがあります。市販されているシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーや、石鹸系シャンプーですが、実は、白髪染めを落ちやすくするシャンプーなんです。

 

高級アルコール系シャンプーは界面活性剤が主成分で、その洗浄力の高さから着色料までも洗い流してしまい、石鹸系シャンプーは安全性の高い石けん素地が主成分ですが、アルカリ性のため髪が膨潤し内部に浸透した色までもが流れ出てしまいます。

 

では、白髪染めが落ちにくいシャンプーとはどのようなものなのでしょうか?

 

髪の主成分であるタンパク質を構成するアミノ酸から作られているアミノ酸系シャンプーは、肌や髪と同じ弱酸性で白髪染めが落ちにくいシャンプーとされています。泡立ちは少ないですが洗浄力があってやさしい洗いあがりです。

 

ただ、市販されているアミノ酸系シャンプーには高級アルコール系シャンプーにアミノ酸が配合されたものもあり、残念ながら純粋なアミノ酸系シャンプーを探すのが難しいのが現状・・・

 

せっかく白髪を染めてもシャンプーするたびに洗い流してしまってはもったいない!!
シャンプーも白髪染めが落ちにくいものを使いましょう。

白髪染めのクリームタイプや液体タイプに変わって主流になりつつあるのがヘアカラートリートメントです。

 

ヘアカラートリートメントは、ヘアケアと同時に使うたびに徐々に着色して白髪を目立たなくさせるのが特徴。

 

準備不要で洗髪時に手軽に扱うことができることから、時短で白髪を染められるのも人気の理由です。

 

また、髪の補修効果や保湿効果が高く、美容成分配合で育毛環境を整えるものまであり、白髪染めなのに美髪に染まると注目されています。

 

ヘアカラートリートメントは白髪だけでなく抜け毛や薄毛といった大人女性特有の髪の悩みにも応えてくれる白髪染めなのでしょうか? ヘアカラートリートメントならではのメリットとデメリットを知って、賢く上手に使いこなしましょう。

続きを読む≫ 2016/10/31 11:47:31

普段お使いのシャンプーは何を基準に選んでいますか? 

 

最近のシャンプーはただ髪の汚れを落とすだけでなく、傷んだ髪の補修効果や頭皮ケアができるヘッドスパ効果などもあり、仕上がりの目的別にたくさんの種類があります。

 

もちろん、白髪染め後の髪色をキープする、色落ちしにくいシャンプーもあるんですよ。

 

そもそも、市販されているシャンプーは界面活性剤が主成分の「高級アルコール系シャンプー」や、安全性の高い石けん素地が主成分の「石鹸系シャンプー」で、何もしていない髪には問題なくても、白髪染めやカラーリングしている髪にとっては色落ちしやすいシャンプーなんです。

 

せっかく染めても、すぐに色落ちさせてはもったいないですよね? 白髪染めが落ちにくく、染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるシャンプーとはどのようなものなのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/12/22 18:08:22

最近の白髪染めは、以前に比べて髪に優しく色持ちのするものが増えていますが、白髪染めを繰り返し行っていると髪にぱさつきやごわつきを感じることもありますよね?

 

いくらより良い白髪染めが開発されても、髪や頭皮に全くダメージがないわけではないということなのでしょう。

 

そして、ダメージのある髪は色落ちをしやすく、染め上がりの効果が長続きしません。

 

美しい髪を保つために必要なのが、髪の成分であるタンパク質を構成するアミノ酸やミネラル成分。健康な髪を保つことも色落ちさせない重要なポイントなのです。今、そんな美容成分や補修成分が配合された白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントが女性の間で人気です。

 

ま、男性は短髪ですから、髪の手触りまではこだわらないというか興味がないかな・・・ 
トリートメント効果を求めるのは、女性ならではものだと思います。確かに、パサパサの髪よりウルツヤの髪のほうが魅力的ですからね。

続きを読む≫ 2015/09/07 14:11:07

シャンプーの泡が茶色に・・・ 

髪を乾かすとタオルに色が・・・ 
髪を洗うたびに白髪がキラキラしてきた!?

 

など、洗髪の時に白髪染めやヘアカラーの色落ちが気になったことはありませんか?

 

しっかりとよく染まるもので白髪を染めることがキレイな髪色を長持ちさせる大前提ですが、白髪染め後のヘアケア方法によっても、色落ちを早めてしまうことがあります。

 

とくに色落ちしやすいとされるのが洗髪の時のシャンプーです。そもそも、毛髪は水分を含むことで膨張し、毛髪内部の染料が流れ出やすくなってしまいます。そのタイミングで洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと・・・ 

 

そう、せっかく染めた色を自らどんどん洗い流してしまうという最悪なことにっ。(泣) 

 

なので、白髪染め後こそヘアケアに十分気を付けなければいけません。今お使いのシャンプーはカラーケア用のシャンプーですか? 白髪染め後に使用するシャンプーを変えるだけで、これまでの色落ちを改善できますよ。

続きを読む≫ 2015/07/14 11:13:14

ヘアカラー後の美しい髪色は少しでも長くキープしたいものです。白髪のない艷やかでまとまりのある髪は、若々しさの象徴でもありますからね。

 

髪が若返るだけで見た目年齢がマイナス5歳と言われていますから、すぐ色落ちさせてしまってはもったいない!

 

これ以上時間や費用を無駄にはできません。

 

染めあがりのキレイな髪色を保つためには、ヘアカラー後のヘアケア方法や洗髪の仕方が大切です。「ただなんとなくやっている」場合は要注意! もしかすると、その日頃何気なく行っているヘアケアで色落ちを加速させているかもしれませんよ。

 

とくに洗髪の際に色落ちしやすいとされているので、その原因や対処法を知って1日でも長くキレイな髪色をキープしましょう。今すぐだれでも実践できる、美しい髪色を長持ちさせるための簡単なヘアケア方法やシャンプー法をご紹介します。

続きを読む≫ 2015/04/09 15:29:09

白髪染めといえば、何かと準備や作業に時間がかかるイメージですよね。

 

まず染める前の準備から始まり、塗り残しがないように慎重かつ丁寧に行ったら、決められた放置時間をとってから色が出なくなるまでしっかりすすぐ、その後髪を乾かして使った道具の後片付けをする・・・ 

 

一言でいうと「めんどくさい」です。(苦笑)

 

その点、白髪染めシャンプーは普段使っているシャンプーを変えるだけなので準備の手間がないですし、放置時間も必要ないのでかなり時短。白髪染めの中ではでとても楽に扱うことができます。

 

一言でいえば「簡単」ですね。

 

基本、白髪染めは水やシャンプーの影響で洗うたびに少しずつ退色し、自然と色落ちしていくものです。でも、白髪染めシャンプーは使うたびに着色するわけですから、色落ちを気にせずに洗髪することができて良さそうですよね。でも、ホントのところはどうなのでしょうか?

 

そんな白髪染めシャンプーのメリットとデメリットについて詳しくみてみましょう。

続きを読む≫ 2015/03/19 10:29:19

白髪染めを色落ちさせる原因は「水」。そして、洗浄力の強いシャンプーを使うと色落ちをさらに加速させてしまいます。つまり「洗髪」の時が最も色落ちしやすいということです。

 

せっかく白髪を染めても髪を洗うたびに色を落としてしまっては元も子もないですし、またすぐに白髪を染め直さなければならないので、時間も費用ももったいないですよね。

 

色落ちを防いで染めあがりの色を長持ちさせるカラーケア用シャンプーもありますが、もっと効率よく髪色を長持ちさせて時短になるのが白髪染めシャンプーです。

 

シャンプーしながら白髪も染められる白髪染めシャンプーなら、新しく伸びてきた白髪が目立つようなタイミングもなく、洗うたびに染まリ続けるから色落ち知らずなんです!

続きを読む≫ 2015/03/06 15:00:06

白髪染めが色落ちしてしまうのは仕方がないと思っていませんか? 

 

今お使いのシャンプーをヘアカラー用シャンプーに変えるだけで、染めあがりの効果を長持ちさせることができますよ!

 

白髪染めを使った直後の髪は、本来酸性である髪が染毛剤などによってアルカリ性に変化するためキューティクルが開いた状態になっています。

 

洗髪をするたびにこのキューティクルの隙間から染料が流れ出てしまい、色があせることによって色落ちを感じるのです。

 

そこでポイントなのが開いたキューティクルをしっかり修復して染料が流れ出ないようにすること。そのために開発されたのがヘアカラー用のシャンプーです。

 

ヘアカラー用シャンプーはドラッグストアで市販されているものや、ネットや通販などで購入することができます。白髪染めだけではなくヘアカラーを楽しむ現代人に合わせて、さまざまな商品が販売されているのをご存知でしょうか?

続きを読む≫ 2015/02/19 13:28:19

白髪が気になり始める平均年齢は35歳で、白髪染めデビューを経験される方もいらっしゃいます。

 

それ以降、抜け毛や薄毛、ツヤがなくパサつくといった髪に関する悩みが徐々に増え、ただ白髪を染めるだけではなく、髪や頭皮にやさしい白髪染めを多くの方が求めています。

 

白髪染めでハゲてしまうのは嫌ですからね。(苦笑) 

 

中でも「簡単に染められる」「髪や頭皮にやさしい」と人気の白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントは、お風呂で普段使っているシャンプーやトリートメントと同じように使用するだけで同時に白髪も染めることができます。

 

現在、ドラッグストアや通販でたくさんの商品を見かけますが、それぞれの違いってなんだかわかりますか? 

続きを読む≫ 2015/02/13 10:09:13

白髪染めを行う理想的な頻度としては、毛髪の伸びるペースに合わせて1ヶ月〜2ヶ月に1度行うのが良いとされています。

 

ただ、洗髪方法や使っているシャンプーの洗浄成分によっては色落ちを早めてしまい、思いのほか早くから白髪が目立ってきてしまう場合もあります。

 

白髪染めが落ちる最大の原因は「水」。

 

毛髪は水を含むことで膨らみ始め、毛髪組織の間をぬって染料が流れ出やすくなり洗髪するたびに色落ちが進んでしまいます。

 

それだけではなく、シャンプーによっては洗浄力の強いものもあり、色落ちをさらに加速させてしまう原因となります。洗髪している時がもっとも色落ちしやすいタイミングなのです。

 

ならば、白髪染めを落とさないために洗髪方法やシャンプー選びに気をつければいいと考えますが、そこで逆転の発想!洗髪の時に白髪染めのシャンプーを使えば色落ち知らずなのでは・・・

続きを読む≫ 2015/02/11 11:40:11

髪や頭皮に良いとされ、店頭やCMでも見かけることが多くなったノンシリコンシャンプーですが、白髪染めとの相性はどうなのでしょうか?

 

そもそも、シリコンとはどのような成分で、どのように作用するのでしょう?

 

シャンプーの成分にはどのようなものがあるか、どんな目的で使われているのか、知ってるようで知らない事が多いですよね。

 

シリコンはケイ素などを材料に作られた人工物で、シリコンオイルとも呼ばれ撥水性があり、ヘアケア商品だけではなくファンデーションや日焼け止めなどの化粧品にも配合されています。

 

原材料として「ジメチコン」「シクロメチコン」「アモジメチコン」などと表記されているのがそうです。

 

シャンプーに配合されているシリコンは、毛髪のキューティクルをコーティングして剥がれや切れ毛を防いだり、手触りを良くしツヤを出す効果があります。

 

ノンシリコンが良いならシリコンは悪い!?という勝手な悪者のイメージがあったのですが、これを聞くとシリコンそのものは髪に良いような気がしますよね・・・

続きを読む≫ 2015/01/30 10:59:30

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧