女性が白髪染めに求める条件

白髪が染まるだけじゃ満足できない!現代の女性が白髪染めに求めるもの

髪の悩みに関する調査では40代女性の1位がダントツで「白髪」という報告があります。

 

白髪染めを使い始める年齢に個人差はあるものの、50代ではほとんどの女性が白髪を定期的に染めているのが現状です。

 

女性にとって白髪染めはエイジングケアに不可欠な必須アイテム! 白髪が見た目年齢に与える影響は考えるだけで怖いです。(泣)

 

そもそも、男性の白髪はロマンスグレーという言葉があるように、大人の色気や貫禄を表現する「魅せる白髪」としてプラスに作用することがありますが、女性の白髪は日頃の身だしなみを手抜きしたような印象を与えてマイナスに作用してしまいます。

 

正直、白髪が与える印象が男女でこれだけ違うのはちょっと不満・・・

 

そのため、女性は白髪を完璧に隠したいと考えていて白髪が人目につくことを恥ずかしいとさえ思っています。女性用の白髪染めがバリエーション豊富なのは、美意識が高い女性のわがままに答えようと各メーカーが頑張っている証拠とも言えますね。かといって、ただ白髪が染まるだけの白髪染めでは納得しませんけどね。(笑)

「酸化染料」が染毛の歴史を変えた! 意外と古い白髪染めの歴史

白髪染めの歴史は古く、世界ではエジプト時代にヘナなど身近な植物や鉱物を使って染毛していたと言われています。

 

また、日本では少しでも若々しく見せるために墨で白髪を染めた武将がいたという記述が残っているそうですよ。

 

白髪は老化や衰えの印象を与えてしまうマイナス要素ですから、国を治める者にとっては邪魔だったのでしょうね。

 

 

その染毛の歴史を大きく変えたのが「酸化染料」の発見! 今でこそヘアカラーリングに欠かせない染料として世界中で使われていますが、もともと酸化染料は19世紀後半のヨーロッパで発見されたもので日本へ入ってきたのは明治時代末頃です。

 

その後、染毛技術の進歩とともにこれまで一日がかりで行われていた染毛が2〜3時間に短縮され、そこからさらに技術開発や改良を繰り返してきた努力が実り、現在ではたった5分で白髪が染まるようになりました。

 

ただ、酸化染料は便利な反面リスクもあり人によっては肌の炎症やかぶれなどのアレルギー症状が出ることがあるため、ちょっと面倒ですが毎回皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) が必要となっています。(悲)

 

そうは言っても、現代のような白髪染めが存在しなかったら女性は外出できなかったのでは? 

 

粉末、液体、クリーム、泡、トリートメントなどタイプやカラーバリエーションが豊富になっているのも、終わりのない女性のわがままに答えようと日々努めている白髪染めメーカーさんのおかげ様さまなんですよ。(喜)

女性のわがままはメーカー泣かせ!? 白髪染めに求められるものは尽きません

白髪染めといえば、ツンとした独特の匂いが悩みでしたが今では染めてる間もストレスのない優しい香りになり、染める時間がさらに短縮された早染めタイプが開発されるなどますます改善されています。ただ染まるだけでは納得しない女性たちが今求めている白髪染めとはどのようなものなのでしょうか。

 

髪や頭皮に優しい刺激が少ない白髪染め

 

白髪を目立たせないためには定期的に染める必用があります。繰り返し染めることを考えると髪や頭皮への負担が心配ですよね。もともと肌が弱い方ならなおさらですが、加齢による髪質や肌質の変化によってこれまで無かったトラブルが起こりやすくなっていますからね。

 

髪や頭皮に優しい白髪染めとして天然成分100%で作られたヘナや素手で扱えるほど刺激が少ない成分で作られたヘアカラートリートメントが注目されています。

 

 

髪の艶やコシが蘇る白髪染め

 

白髪が生え始める年齢はその他にも髪のトラブルが増え始める時です。パサつきやゴワつきを感じる、艶がなくまとまらない、抜け毛が増えボリュームが減った、といった髪質の変化が現れる「髪の曲がり角」で、白髪を染めると同時に髪の艶やコシが蘇る白髪染めが求められています。

 

美髪の条件とも言える「艶」「まとまり」「ボリューム」のある髪に染め上げるために美容成分の配合されたヘアカラートリートメントや、育毛成分が配合された頭皮ケアもできる白髪染めが増えています。

 

 

扱いやすく染めやすい白髪染め

 

市販の白髪染を使って自宅で染めるときに困るのが、後頭部側が見えにくく染めにくいことです。染め残しや塗布する量が少ないと白髪がキレイに染まらなかったり色ムラになってしまいますからね。家族や友達に染めてもらうこともあるかもしれませんが、基本的には自分で染めますから扱いやすく染めやすいものを求めるのは当然のことです。

 

クシ型ノズルの付いた乳液タイプの白髪染めもありますが、中でも扱いやすく染めやすい泡タイプやカラートリートメントタイプの白髪染めは初心者の方にもおすすめです。

 

 

しっかり染まって色落ちしにくい白髪染め

 

もちろん私もそうですが、白髪に悩む全ての女性が求めている白髪染めといえばしっかり染まって色落ちにくい白髪染めです。できるだけ長く染め上がりのキレイな髪色をキープしたいですからね。髪の内部までしっかり染まるとされる永久染毛剤(ヘアカラー)は、使われている薬剤が髪に与える負担が大きく白髪は染まったけど髪がボロボロという悩みがありました。

 

しかし、現在では空気との反応で着色する白髪染めや分子が小さく髪のキューティクルを開かずに白髪を染められるHC染料の白髪染めなどがあり、しっかり染まるけど髪が傷みにくい白髪染めが開発されています。

 

 

 

これだけたくさんの白髪染めが世の中にあるにも関わらず、自分に合う白髪染めを探すのはどういうわけか難しいんですよね・・・。(泣) 

 

「白髪」は女性にとって大きな課題で、「白髪染め」は無くてはならない必須アイテムですが、女性のわがままが尽きない限り白髪染めメーカーさんに全力で頑張ってもらうしかないですね。

アレもコレも叶えて欲しい!女性が白髪染めに求めるもの関連ページ

白髪染めで抜け毛が増える!?洗いすぎは厳禁!
白髪染めをしまくって、さらにシャンプーをしていると髪が薄くなって抜け毛が増えることもありますよ!洗いすぎは厳禁。一度で長持ちする白髪染めを使いましょう!
白髪染めデビューはいつ?白髪が気になる年齢とは
歳を重ねると自然と白髪が出始めるけど、これって年齢的に早いの?遅いの?どれぐらい白髪が増えれば染めればいいの? 白髪が気になりだすタイミングついて調べてみました。
白髪染めで起きるアレルギー反応とその原因とは
白髪染めによるアレルギー反応は、体質やその日の体調によっても突然発症する可能性があります。毎回白髪染めを使う前に必ず行うパッチテストには重要な意味があるというわけです。白髪染めによるアレルギー症状について調べてみました。
助けて!白髪染めで髪が緑色になる原因と対処方法
白髪染めで髪が緑になるなんて想像もつきませんが、実際に体験されている方は多く、この現象にはちゃんとした理由があるのです。慌てて染めなおしても変色が改善されない原因とその対処方法とは
アレルギーでも使えるノンジアミンの白髪染めって何?
白髪染めを使って、頭皮がかぶれたり、かゆみ、湿疹などのアレルギー症状が出た場合、それはジアミン系化合物に対するアレルギーの可能性高いです。安心して使うことができるノンジアミンの白髪染めを選びましょう。
白髪染めを繰り返し使っても大丈夫?理想の使用頻度とは
白髪染めで髪のゴワつきやパサつきを感じることがあります。それは髪や頭皮に負担がかかっている証拠!そんな白髪染めを繰り返し使っても問題はないのでしょうか? 髪や頭皮に理想的な白髪染めの使用頻度について調べてみました。
妊娠中の白髪染めは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?
妊娠さんの体は大事な赤ちゃんを守るためにとってもデリケート。妊娠中は食べるものや使うものにも気をつけなければならなりません。妊娠中に白髪染めを使用することは可能なのでしょうか?お腹の赤ちゃんへの影響は?気になる妊娠中の白髪染めのについて調べてみました。
白髪染めをすると髪がパサパサ、ゴワゴワ・・・なぜ?
白髪染め後に髪のパサつきやゴワつきを感じたことはありませんか?それは、白髪染めによって髪が傷んでしまった証拠です。白髪が染まっても髪が傷んでしまっては元も子もありませんよね。どうして白髪染めをすると髪が傷んでしまうのでしょう?その原因を見てみましょう。
妊娠中の白髪染めは自宅でする?美容院でする?
白髪に対するストレスは妊婦さんにとっても大敵です。キレイなお母さんであるために白髪を染めたいけど、お腹の赤ちゃんへの影響が心配ですよね。もし白髪を染めるなら、市販されている白髪染めを使って自宅で染める?それとも美容院で染めてもらう?どっちがベストなのでしょう。
100均のダイソーで買えるヘナの白髪染めって大丈夫?
生活用品のありとあらゆるがもの100円で買えるダイソーですが、白髪染めのヘナがあるのを知っていますか?今そのダイソーのヘナが好評価を得ています。気になる商品の品質や実力はどのようなものなのでしょうか。
ブリーチで落ちてしまった白髪を染め直す方法
ブリーチのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
シャンプーで落ちてしまった白髪を染め直す方法
シャンプーのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
髪や頭皮を傷めたくない!どう白髪を染めればいい?
白髪はなんとかしたいけど、心配なのは髪や頭皮のダメージですよね?白髪をせっかく染めても髪がパサパサ、ゴワゴワになってしまっては台無しです。髪や頭皮を傷めずに白髪を染めるためには、美容院へ行くのがベストなのでしょうか?自宅でも安心して染められる白髪染めとは?おさえておきたいポイントをご紹介します。
気をつけて!使うたびに重症化する白髪染めアレルギー
白髪染め前に必ずパッチテストを行っていますか?ヘアカラーや白髪染めをすることで起きるアレルギー反応について、消費者安全調査委員会から気になる内容が発表されました。アレルギー反応について知っておくべきこととは。
髪への負担軽減!伸びた白髪だけを染めるリタッチ
髪が伸びるとともに白髪が少しずつ目立つようになります。とくに髪の分け目や生え際は、人目につきやすいので何とかしたいですよね。そんな時は、伸びた白髪部分だけを染めるリタッチがおすすめです。部分染めなので他の髪への負担が少なく済みます。
抜け毛に悩む女性増加!白髪染めは何を選ぶ?
女性でも白髪の悩みだけでなく、同時に抜け毛や薄毛の悩みを持つ方がいます。できるだけ髪や頭皮に負担をかけずに白髪を染めるにはどうすればいいのでしょう? 抜け毛や薄毛の悩みを持つ女性に向いている白髪染めとは?
混ぜるな危険!異なる白髪染めで変色の可能性
白髪を染めたら髪が緑色に染まっちゃった!って話を聞いたことはありませんか? これは白髪染に使われている薬品同士が化学反応を起こすことが原因です。未然に防ぐ方法や対処法はあるのでしょうか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧