美容院での白髪染めと色持ちについて

どっちが長持ち? 市販の白髪染めより美容院での白髪染めの方が落ちにくい?

髪のカットやパーマは美容院で髪のプロである美容師さんにやってもらうのがあたりまえですが、カラーリングや白髪染めは市販のものを使って自宅ですることもありますよね?

 

とくに白髪染めはドラッグストアやコンビニなどでも手軽に買うことができ、種類やカラーバリエーションも豊富にそろっています。

 

美容院で染めたような仕上がりになると評判のものや、美容成分や補修成分が贅沢に配合されたものまでさまざま。

 

しっかり染まって色持ちするよう進化し続けている白髪染めですが、やっぱり美容院で使われている白髪染めの方が落ちにくいのでしょうか?

市販の白髪染めと美容院の白髪染めの違いとそれぞれの特徴

市販されている白髪染めも美容院で使われている白髪染めも、白髪が染まる仕組みは基本的に同じです。

 

ただ、それぞれ使われている薬剤の調合の仕方に違いがあり、染まり方や染めあがりに違いがあります。

 

もちろん、染める側にも「ど素人」と「髪のプロ」というあきらかな違いがありますけどね。(笑)

 

 

一般的な市販の白髪染めは素人の私達でも簡単に扱うことができ、どんな髪質でも短時間でキレイに染められるよう染毛剤の濃度がもともと濃く作られていています。そのため、使い方を間違えば髪に負担が大きくトラブルの原因につながりますので注意が必要です。

 

一方、美容院の白髪染めはその時の髪の状態に合わせて染毛剤の濃度を細かく調整することができ、髪に負担が少ない染め方ができます。髪のことを知り尽くした髪のプロである美容師さんが染毛&補修ケアをしてくれますから、素人にはマネできない特別な仕上がりに当然なります。

 

しかし、色落ちさせないためには市販の白髪染めで自宅で染めても美容院で白髪を染めてもらっても、その後のヘアケアが重要! まず白髪をしっかり染めることが基本中の基本ではありますが、染めた後の髪の補修ケア&保湿ケアが髪色を長持ちさせるポイントになります。 

 

ただ、市販の白髪染めも美容院の白髪染めも共通して明るいカラーにするほど髪が傷みやすく色が抜けやすい傾向があります。髪色を明るくするために使われている脱色剤の影響でキューティクルを傷め、傷んだ髪は染毛剤が流れ出やすく色落ちしやすい状態になるためです。

 

せっかく白髪を染めても、あっという間に色落ちさせてしまってはもったいない! しっかり染めてアフターケアもお忘れなく!

 

市販の白髪染めより美容院の白髪染めの方が色落ちしない?関連ページ

トリートメントをしっかりすれば白髪染めが色あせしない
白髪染めを長持ちさせて落ちなくさせるためにはシャンプーだけではなくトリートメントも大切です。ここでは白髪染めを長持ちさせるトリートメントについて話します。
シャンプーだけではない、白髪染めが色落ちする原因とは
シャンプーも重要だし、白髪染めの染料も大切ですが、それ以外にもちょっとしたことで白髪染めが色落ちしてしまう場合だってあるのです!それはズバリ水質!
落ちやすい白髪染めを使うとすぐ逆プリンになりますよ!
落ちない白髪染めを使うメリットは頭がプリンみたいに二色になってしまうのを避けられることです。上から見るとむらがあって恥ずかしいですよね?
パーマとシャンプーで白髪染めが落ちてしまうのはなぜ?
美容院でパーマをかけると白髪染めも落ちてしまうのはなぜ?白髪染め液の定着期間はどれくらいなのか?せっかく染めたのだからなるべく長持ちさせたいですよね?
白髪を染めてからパーマ?パーマをかけてから白髪染め?
白髪染めとパーマはそれぞれに使う薬剤同士が影響することで、染めた色素が色落ちしてしまったり、パーマがかかりづらかったりすることがあります。白髪染めとパーマを行う間隔や順番には決まりがあるのでしょうか。
カラーリングした当日のシャンプーはなぜNG!?
白髪がキレイに染まった美しい髪色を長持ちさせるには、カラーリング後の正しいヘアケア方法が重要になってきます。とくに洗髪は要注意!普段何気なく行っているケア方法では知らず知らずのうちに色落ちを加速させてしまっているかもしれませんよ。カラーリングした当日のシャンプーはなぜダメなのでしょうか?カラーリングとシャンプーについて見てみましょう。
白髪染めが最も色落ちしやすいのは夏だった!!
梅雨明けとともに強い日差しが降り注ぐ夏本番がやってきますね。お肌の紫外線対策や日焼け予防は万全かと思いますが、夏ならではの髪のダメージもあります。とくにカラーリングの色落ちが最もしやすい季節でもあるので要注意ですよ!夏と色落ちの関係とは?
もう失敗しない! 自宅でキレイに白髪を染める方法
扱いやすく美髪に染まるよう進化を続ける白髪染めですが、市販の白髪染めで「上手く染まらなかった」「失敗した」経験者も多いはず。初心者はなおさら不安ですよね。でも、コレを知れば市販の白髪染めでもキレイに染まります。その失敗しない方法とは。
夏だけじゃない!今すぐ始めたい髪色を守るUVケア!
白髪染めが色落ちする原因は「水」や「シャンプー」などがありますが、夏だけでなく年中降り注いでいる太陽光の紫外線にも影響を受けることがわかっています。染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるために、肌と同じように髪にも紫外線対策してあげましょう。
傷んだ髪ほど白髪染めがよく染まる!そして色落ちする!
白髪染めの染まりやすさは商品によっても違いはありますが、髪質によっても違います。ただ、傷んでいる髪は染まりやすく色落ちしやすいのをご存知ですか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧