白髪染めが落ちて逆プリンのようになる

上からみたら恥ずかしい!すぐ落ちる白髪染めでは逆プリンになってしまいます

想像していただければわかることだと思いますが、白髪は根元部分が最も新しく先端が最も古いため、根元に比べこれまでの繰り返し染められている先端の方に色が濃く残こります。

 

つまり、白髪染めの色が落ちるにつれて、頭頂部の方が明るい色になりやすく、とくに分け目部分が白っぽく目立つようになるのです。

 

このように2色の配色になった状態がデザートのプリンのように、頭頂部が暗く毛先に行くにつれて明るくなることから「プリン」、その反対で、頭頂部が明るく毛先に行くにつれて暗くなることを「逆プリン」と表現しますが、率直に言うと見た目に残念なとても恥ずかしい状態・・・

 

この逆プリンになると、日頃の苦労や生活感がにじみ出て一気に老けこんだ印象にもなってしまいます。色落ちしやすい白髪染めではすぐにこの残念な状態になってしまうので要注意です。

落ちない白髪染めを使うと、徐々に色が抜けるので自然に見えますよ!

ということは、染めた色をキープできる白髪染めを使えばいいというわけですよね。

 

白髪染めを行うのは、およそ1ヶ月に1cm伸びるタイミングに合わせるのがベストとされているので、次に染めるまでの1ヶ月間色持ちする白髪染めを選ぶ必要があります。

 

液体・乳液タイプやクリームタイプ、泡タイプやシャンプー・トリートメントタイプ、粉末タイプなどのさまざまな白髪染めは、それぞれ永久染毛剤、半永久染毛剤、一時染毛料に分類されていて、中でも毛髪の内部まで着色する永久染毛剤は染めあがりの効果がより長持ちします。

 

しっかり染まって落ちにくい白髪染めを使えば、徐々に色が抜ける程度の変化なので自然に見えるというわけです。まぁ、新しい白髪が出てきてしまえば、また白髪染めのお世話になるしかないですけど。(苦笑)

 

ですが、日頃の髪の手入れや髪の健康状態によっては、染毛料を流れ出やすくしてしまう原因となって色落ちを加速させてしまうことがあります。

 

洗髪の際の「水」や洗浄力の強い「シャンプー」、ドライヤーや紫外線などの「外的要因」など、身近なもので知らず知らずのうちに色落ちさせてしまっているんです。

 

でも、水やシャンプーを使わないわけにはいかないですし、気にしすぎるとストレスになって髪にもよくありません。全てを完全に防ぐことは難しいので、髪に優しいシャンプーを使って、水に接する時間を短時間に済ませることを心がける程度でいいと思います。

 

落ちない白髪染めを正しく使用して、日頃から色落ちを防ぐヘアケアをしていきましょう。

で、逆プリンになりにくい白髪染めはヘアボーテということになりますね。

逆プリン状態にはなりたくないものですが、「落ちない白髪染め」と聞くと、なんだか刺激が強くて髪や頭皮に悪そうなイメージがありますよね。でも、ちゃんと探せばあるものです。

 

ちなみに、私が使っているヘアボーテの白髪染めは、「落ちない」をクリアしているおすすめの白髪染めです。簡単に紹介すると、毛髪の内部までしっかり染まる永久染毛剤に分類されている、脱色剤フリーの髪や頭皮にやさしい泡タイプの白髪染めです。

 

空気と接触することで発色する泡が特徴なんですが、ちょっと変わってて面白いでしょ?
友だちに教えてもらったのがきっかけで、現在気に入って使っています。

 

それまではシャンプーのたびに色落ちを感じたり、せっかく白髪を染めてもすぐに色あせしてしまうことで悩んでいました。白髪は染めたいけど髪や頭皮の負担を考えると、繰り返し白髪染めを使うことにも抵抗があって、ハゲてしまったり他のトラブルになるのも怖いですからね。自分に合った白髪染めが見つかってよかったと思ってます。

 

とくに、初めて白髪染めを購入する方は、市販されている白髪染めの種類やカラーが豊富すぎて、どれがいいのか、どれが自分に合っているのか悩んでしまうのは当然です。染まる色がきれいなもの、髪や頭皮にやさしい物、色持ちするもの、値段がお手頃なもの、使いやすいものなど、選ぶ基準も人それぞれだと思います。

 

で、私が使ってみて色落ちせず良かったのはヘアボーテの白髪染めです。

落ちやすい白髪染めを使うとすぐ逆プリンになりますよ!関連ページ

トリートメントをしっかりすれば白髪染めが色あせしない
白髪染めを長持ちさせて落ちなくさせるためにはシャンプーだけではなくトリートメントも大切です。ここでは白髪染めを長持ちさせるトリートメントについて話します。
シャンプーだけではない、白髪染めが色落ちする原因とは
シャンプーも重要だし、白髪染めの染料も大切ですが、それ以外にもちょっとしたことで白髪染めが色落ちしてしまう場合だってあるのです!それはズバリ水質!
パーマとシャンプーで白髪染めが落ちてしまうのはなぜ?
美容院でパーマをかけると白髪染めも落ちてしまうのはなぜ?白髪染め液の定着期間はどれくらいなのか?せっかく染めたのだからなるべく長持ちさせたいですよね?
白髪を染めてからパーマ?パーマをかけてから白髪染め?
白髪染めとパーマはそれぞれに使う薬剤同士が影響することで、染めた色素が色落ちしてしまったり、パーマがかかりづらかったりすることがあります。白髪染めとパーマを行う間隔や順番には決まりがあるのでしょうか。
カラーリングした当日のシャンプーはなぜNG!?
白髪がキレイに染まった美しい髪色を長持ちさせるには、カラーリング後の正しいヘアケア方法が重要になってきます。とくに洗髪は要注意!普段何気なく行っているケア方法では知らず知らずのうちに色落ちを加速させてしまっているかもしれませんよ。カラーリングした当日のシャンプーはなぜダメなのでしょうか?カラーリングとシャンプーについて見てみましょう。
白髪染めが最も色落ちしやすいのは夏だった!!
梅雨明けとともに強い日差しが降り注ぐ夏本番がやってきますね。お肌の紫外線対策や日焼け予防は万全かと思いますが、夏ならではの髪のダメージもあります。とくにカラーリングの色落ちが最もしやすい季節でもあるので要注意ですよ!夏と色落ちの関係とは?
もう失敗しない! 自宅でキレイに白髪を染める方法
扱いやすく美髪に染まるよう進化を続ける白髪染めですが、市販の白髪染めで「上手く染まらなかった」「失敗した」経験者も多いはず。初心者はなおさら不安ですよね。でも、コレを知れば市販の白髪染めでもキレイに染まります。その失敗しない方法とは。
市販の白髪染めより美容院の白髪染めの方が色落ちしない?
美容師といえば髪のプロであり、美しい髪に仕上げてくれるその技はさすがです。なら、白髪染めも色落ちしない技術を持っている? やはり白髪染めは美容院でするべき? 美容院での白髪染めは色落ちしないのか調べてみました。
夏だけじゃない!今すぐ始めたい髪色を守るUVケア!
白髪染めが色落ちする原因は「水」や「シャンプー」などがありますが、夏だけでなく年中降り注いでいる太陽光の紫外線にも影響を受けることがわかっています。染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるために、肌と同じように髪にも紫外線対策してあげましょう。
傷んだ髪ほど白髪染めがよく染まる!そして色落ちする!
白髪染めの染まりやすさは商品によっても違いはありますが、髪質によっても違います。ただ、傷んでいる髪は染まりやすく色落ちしやすいのをご存知ですか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧