白髪染めをしてからパーマに行く際の注意点と工夫

そめてからすぐに美容院に行くとパーマ液で白髪染めが落ちる可能性が高いです!

「そろそろ髪型変えようかな・・・パーマもかけたいし、白髪も気になるから染めてもらおっ!」 とお考えの方へ忠告です。

 

どうせ美容院へ行くなら、カット、パーマ、カラーを同日に済ませたい!! 

 

その気持ちはわかりますが、パーマとカラーリングを同時に行うのはやめましょう。自宅での白髪染めの後、すぐ美容院でのパーマもNGです。 

 

白髪染め後のパーマは、パーマ液が白髪染めやカラー剤の色素を落として色落ちさせてしまい、その反対の、パーマ後の白髪染めは、白髪染め剤でパーマが弱くなる可能性があります。

 

美容院で使われている薬によって違いはありますが、ここは欲張らずにパーマと白髪染めはそれぞれ別の日に行った方がどちらもきれいに仕上がります。

どのくらいおいてパーマをかければいいの?白髪染めが定着するまでの期間は?

では、パーマと白髪染めを行うにはどのくらいの間隔をあけておくのがいいのでしょう? 

 

理想は1週間ほど間隔をあけてパーマと白髪染めを行うのがいいです。順番としてはパーマをかけてから白髪染めをする方が良いとされています。美容院で使われているパーマ液やカラー剤によっても違いがあるので、前もってへ問い合わせしておくと安心です。

 

自宅での白髪染めを考えている場合は、白髪染めの種類によって使い方や使用する頻度、定着するまでの期間に違いがあるので、普段お使いの白髪染めに合った方法を選んで下さい。

 

 

白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプーは、通常のシャンプー代わりに毎日使うことで除々に白髪を染めて目立たなくしていくものなので、1回で染まる部分はごく浅く、定着するには時間がかかります。パーマをかける前後は使用しない方がいいです。

 

白髪染めトリートメント

 

白髪染めトリートメントも、白髪染めシャンプーのように通常のトリートメント代わりに繰り返し使うことで除々に白髪を染めて目立たなくしていくものなので、1回で染まる部分はごく浅く、定着するには時間がかかります。パーマをかける前後は使用しない方がいいです。

 

 

白髪染め

 

白髪染めは、毛髪の内部まで染料を浸透させ1度で全体を染めることができるので、定着が早く色持ちもいいです。パーマをかけた1週間ほど後に使用するときれいな仕上がりになります。

 

白髪染めをなるべく長持ちさせる方法とは?

通常の白髪染めは、毛髪の内部までしっかり着色をするので染め上がりの効果が長続きし色持ちもいいです。ですが、日頃のヘアケア方法によっては色落ちを早めてしまったり、より長持ちさせることもできます。

 

染毛後、白髪染めに使われている薬剤の影響でキューティクルが開いた状態になり、髪のタンパク質や水分が流れ出やすくなってしまいます。そのままでは髪が傷んでしまい、色落ちしやすくなるので、補修効果のあるトリートメントを使ってしっかりケアしてあげましょう。白髪染めをより長持ちさせる方法としては、髪の健康がカギとなります。

 

しかし、どんなにしっかり白髪を染めても、新しく白髪が生えることによって2〜3週間ほどで生え際や分け目の白髪が目立ち始めます。

 

そのつど美容院で染め直すことができればいいですが、時間や費用を考えると現実は難しく、市販されている白髪染めを短期間に繰り返し使っていては、髪や頭皮へのダメージが大きく何らかのトラブルになりかねません。

 

そこでおすすめしたいのは、毛髪の内部までしっかり染めることのできる白髪染めで全体染めをし、毛髪の表面だけを染める髪や頭皮にやさしいヘアマニキュアで伸びてきた白髪を部分染めする方法です。また、白髪染めのタイプ別で使い分けると染めやすくなります。

 

それぞれの特徴がわかれば、用途や使い方に合わせて便利なものを選ぶことができます。これを参考にしながら、自分に合ったタイプの商品を使い分けてくださいね。

 

タイプ

特徴

こんな方におすすめ

液状・乳液タイプ

のびがよく髪全体に馴染みやすい 全体をムラなく染めたい方

クリームタイプ

流れにくく根元や生え際がしっかり染まり、部分染めがしやすい 部分染めや根元などをしっかり染めたい方

泡・フォームタイプ

液だれせずスタイリング感覚で気軽に染められる 全体染めも部分染めも、手間なく簡単にすませたい方

粉末タイプ

水に溶くだけで使える 小分けができる白髪染めをお探しの方

 


例えば・・・

 

髪になじませやすい液体・乳液タイプや泡タイプの白髪染めで髪全体をきれいに染める。 
    ↓
髪が伸びる(2週間約0.5cm)。
    ↓
2〜3週間後、根元に白髪が見える。
    ↓
髪に密着するクリームタイプや泡タイプのヘアマニキュアで、伸びた白髪を部分染めする。
    ↓
さらに髪が伸びる(1ヶ月約1cm)。
    ↓
1ヶ月半前後、根元に白髪が見え、髪全体の色落ちが目立ってくる。
    ↓
髪になじませやすい液状・乳液タイプや泡タイプの白髪染めで、髪全体をきれいに染める。

 

 

髪が伸びるサイクル(1ヶ月約1cm)に合わせて白髪染めのタイプを使い分けることで、染めやすく髪や頭皮への負担が少なくすみます。

 

少しめんどくさいと思われるかもしれませんが、ちょっと手間をかけてあげるだけできれいな髪色をキープすることができます。

 

自分に合った染め方でぜひ試してみてくださいね。

パーマとシャンプーで白髪染めが落ちてしまうのはなぜ?関連ページ

トリートメントをしっかりすれば白髪染めが色あせしない
白髪染めを長持ちさせて落ちなくさせるためにはシャンプーだけではなくトリートメントも大切です。ここでは白髪染めを長持ちさせるトリートメントについて話します。
シャンプーだけではない、白髪染めが色落ちする原因とは
シャンプーも重要だし、白髪染めの染料も大切ですが、それ以外にもちょっとしたことで白髪染めが色落ちしてしまう場合だってあるのです!それはズバリ水質!
落ちやすい白髪染めを使うとすぐ逆プリンになりますよ!
落ちない白髪染めを使うメリットは頭がプリンみたいに二色になってしまうのを避けられることです。上から見るとむらがあって恥ずかしいですよね?
白髪を染めてからパーマ?パーマをかけてから白髪染め?
白髪染めとパーマはそれぞれに使う薬剤同士が影響することで、染めた色素が色落ちしてしまったり、パーマがかかりづらかったりすることがあります。白髪染めとパーマを行う間隔や順番には決まりがあるのでしょうか。
カラーリングした当日のシャンプーはなぜNG!?
白髪がキレイに染まった美しい髪色を長持ちさせるには、カラーリング後の正しいヘアケア方法が重要になってきます。とくに洗髪は要注意!普段何気なく行っているケア方法では知らず知らずのうちに色落ちを加速させてしまっているかもしれませんよ。カラーリングした当日のシャンプーはなぜダメなのでしょうか?カラーリングとシャンプーについて見てみましょう。
白髪染めが最も色落ちしやすいのは夏だった!!
梅雨明けとともに強い日差しが降り注ぐ夏本番がやってきますね。お肌の紫外線対策や日焼け予防は万全かと思いますが、夏ならではの髪のダメージもあります。とくにカラーリングの色落ちが最もしやすい季節でもあるので要注意ですよ!夏と色落ちの関係とは?
もう失敗しない! 自宅でキレイに白髪を染める方法
扱いやすく美髪に染まるよう進化を続ける白髪染めですが、市販の白髪染めで「上手く染まらなかった」「失敗した」経験者も多いはず。初心者はなおさら不安ですよね。でも、コレを知れば市販の白髪染めでもキレイに染まります。その失敗しない方法とは。
市販の白髪染めより美容院の白髪染めの方が色落ちしない?
美容師といえば髪のプロであり、美しい髪に仕上げてくれるその技はさすがです。なら、白髪染めも色落ちしない技術を持っている? やはり白髪染めは美容院でするべき? 美容院での白髪染めは色落ちしないのか調べてみました。
夏だけじゃない!今すぐ始めたい髪色を守るUVケア!
白髪染めが色落ちする原因は「水」や「シャンプー」などがありますが、夏だけでなく年中降り注いでいる太陽光の紫外線にも影響を受けることがわかっています。染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるために、肌と同じように髪にも紫外線対策してあげましょう。
傷んだ髪ほど白髪染めがよく染まる!そして色落ちする!
白髪染めの染まりやすさは商品によっても違いはありますが、髪質によっても違います。ただ、傷んでいる髪は染まりやすく色落ちしやすいのをご存知ですか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧