繰り返し使えてそのままとっておける白髪染めまとめ

捨てるのはもったいない!保存可能な繰り返し使える白髪染めを選ぼう!

白髪の量や長さには個人差があって、全体染めをするのか部分染めをするのかによっても白髪染めの必要な量が変わってきます。

 

例えば、白髪染めの多くは1箱でショートからセミロングの髪の長さまでを染めることができます。

 

でも、ロングの場合は2箱必要になるわけで・・・

 

なかなかピッタリの量とはいかず、どうしても余ったり足らなかったりしてしまいますよね。

 

「もったいない」と必要以上にたっぷり塗ってしまうと、思った髪色に仕上がらなかったり、「少し足りないかも・・・」とあきらめると、染めあがりがムラになってしまったり。
この「あともうちょっと」を解決するのが、残りをとっておけるタイプの白髪染めです。

 

それなら必要なときに必要な量だけ使えるのでムダもないですし、コストだって抑えられますからね。やはりそのまま保存ができて繰り返し使える白髪染めがベストです!

残った白髪染めはまた次回使えるの?保存方法は?

白髪染めには保存できるものとできないものがあります。

 

1剤と2剤を全て混合した薬剤を使用する液体や乳液タイプのものは、髪へなじみやすく全体染めに向いていますが、混合液が保存ができないので原則使いきりです。

 

    混合液は時間が経つとともに薬剤そのものの染毛効果が無くなってしまいます。
    さらに時間が経つとガスが発生して容器が破裂する危険もあるので要注意! 
    名残惜しいですが残りは十分な水ですみやかに洗い流して下さい。

 

 

混合した薬剤を使用する白髪染めでも1剤と2剤がそれぞれがチューブに入ったクリームタイプは、開封後でも混合しなければキャップをしっかり閉めることで保存が可能。

    また、ワンプッシュで2剤出てくるタイプもそのままとっておけます。

 

    しっかりと付着するので部分染めなどに使うと便利ですよ。使用期限は3カ月以内です。

 

 

ワンプッシュで使える泡タイプは1剤式のものが多く、ボトルでそのまま保存可能。

染めにくい生え際や後頭部も液だれせずにスタイリング感覚で塗りこむことができて、
    全体染めにも部分染めにも使えて便利です。残りは6ヶ月以内に使いきりましょう。

 

 

その他、ヘアマニキュアカラートリートメントカラーリンスなどの半永久染毛剤も保存が可能で、必要な時に使えて便利な白髪染めです。髪を浅く着色する程度で色落

    ちしやすいですが、髪の内部までしっかり染まる永久染毛剤のヘアカラーに比べて髪や
    頭皮にやさしいので、併用して使うと染め上がりの色を長持ちさせることができます。

 

    開封後はどうしても劣化が始まってしまいますので、早く使いきってしまいましょう。
    遅くても6ヶ月以内には使いきるようにして下さい。

例えば・・・保存可能な繰り返し使える白髪染めはこちら

下記の商品はスーパーやドラッグストア、通販などで購入することができます。

 

 

クリームタイプ

 

 

ロレアルパリ エクセランス クリーム   

 

ツヤやかな髪に染まると人気があり、口コミランキングでも上位の白髪染めです。

 

染める前・中・後のトリプルケアで髪をいたわりながらムラなくしっかりと染めあげてくれ、コラーゲン配合で潤いを補いながら艶やかな髪色に染め上がります。

 

なめらかなクリームタイプで全体染めにも部分染めにも使えて、アンモニア トラッピング処方で気になるニオイを抑えて快適なカラーリングを楽しむことができます。

 

 

 

サロンドプロ ザ・クリーム ヘアカラー  

 

しっかり染まる浸透カラーリング処方の白髪染めで、染料が効率よく髪の内部まで浸透するので、染まりにくい生え際や分け目もしっかりキレイに染まります。

 

まぜる手間のないワンプッシュタイプで簡単に白髪を染めることができ、髪の手触りアップ でつるつるの質感に!

 

アンモニアが使われていないニオイがしない成分だけで作った、全くニオイのない白髪染めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

泡タイプ

 

 

ヘアボーテ シーエッセンス カラーフォーム

 

脱色剤フリーで髪に優しく、空気に触れることで発色する泡で染める全く新しい染毛方法を取り入れている白髪染めです。

 

海の恵み成分配合で、潤いのある若々しくつややかな髪に染め上がります。ムースタイプで液だれしにくく、髪に馴染ませやすいので、根元からしっかり白髪を染めることができます。

 

マリン系のさわやかな香りで染めている間も快適。
しっかり内部まで着色するヘアカラー(永久染毛剤)なのがまた魅力的です。

 

 

 

シエロ ムースカラー

 

簡単ワンプッシュできめ細かくクリーミーなムースが出てくる使い方が簡単な白髪染めです。

 

髪に密着しやすくタレにくいのが特徴で、染めにくい白髪にもなじみやすく、見えない後ろまでムラなくきれいに染めることができます。

 

さらに、5つのツヤ&ケア成分配合で染毛後の髪をなめらかに仕上げてくれます。

 

気になる臭いを抑えた、やさしいフローラルの香りです。

 

 

 

 

 

 

ヘアマニキュア

 

 

ブローネ ヘアマニキュア

 

もとの髪色の上から色をおだやかに浸透させる、ワンプッシュで使えるクシつきタイプの白髪染めです。

 

毛髪保護コート成分、天然海藻エキス(うるおい成分が配合されていて、染めると同時にダメージによってできた髪表面の凹凸や空洞をなめらかにコーティングし、輝くツヤときれいな色を与えてくれます。

 

髪をいたわりながら白髪を染める酸性タイプのヘアマニキュアなので、髪の傷みが気になる方におすすめです。

 

 

 

 

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

 

染着促進成分(NMP(メチルピロリドン)が染料をミクロ化し、髪に負担をかけずにスピーディに染め上げる髪にやさしい白髪用ヘアマニキュアです。

 

全体染めにした後の生え際白髪も、気になった時に細部用クシで手軽に染めることができます。

 

放置時間5分で、もとの髪色になじむ自然な仕上がりで白髪を目立たなくしてくれます。

 

肌への着色を防ぐプロテクトクリーム付き。

 

 

 

 

 

 

ヘアカラートリートメント

 

 

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメント

 

頭皮への負担が少ない処方で美しい色艶の髪を育む白髪染めです。

 

浸透型コラーゲン配合で毛髪内部にまでしっかり色素を届けて、天然由来色素を3種類ブレンドすることで色に深みをもたせています。

 

ヒアルロン酸、アルガンオイルなど配合し、外側からしっかりコーティングすることで輝くツヤをもつなめらかな美しい髪へ染め上がります。

 

 

 

 

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

 

海洋由来の保湿成分「ルプルプ Wフコイダン」が潤いを与えながら頭皮と髪を守り、染めるたびに輝きあふれる美しい艶髪に染め上げてくれる白髪用トリートメントです。

 

植物由来の天然色素などを使用しているので肌の弱い方も使うことができ、頭皮と髪をいたわりながら使うたびに着色していくのでナチュラルに白髪をカバーすることができます。

 

トリートメント効果で染めるほどしっとりうるおいます。

 

 

 

 

使った感想は人それぞれ・・・
自分に合った白髪染めを見つけてくださいね。

 

 

保存ができて繰り返し使える白髪染めがおすすめ!関連ページ

初心者にはヘアボーテ白髪染めが長持ちで最高!
ヘアボーテは、白髪染めの中でも色落ちしにくく、髪に負担の少ない白髪染めです。初心者で、初めに使ってみたいという人にまずおすすめしたい!その秘密ついて説明します。
染まりやすい白髪染めを検証した結果・・・
市販の白髪染めも種類が豊富ですね。その中のアンファー,ピュール,花王を比較してみました。染まりやすさに注目して検証した結果をお伝えします。さあ、使うならどれ?
白髪染めなのに洗わない!?モー二ング・レフィーネとは
白髪染めといえば使用後に洗い流すことが必要ですが、一時染め用でも無いのに洗わない白髪染めが存在します。朝専用と大々的にアピールしているその名も「モー二ング・レフィーネ」とは一体どんな商品なのでしょうか、調べてみました。
タオルに色落ちしない白髪染めってあるの?
白髪染め後に気になるのはタオルや枕カバーなどへの色移り。しっかりすすいだつもりでも汚してしまうことがあります。タオルに色落ちしてしまうのは白髪染めがいしっかり定着してない証拠。色落ちしない白髪染めについて調べてみました。
お風呂場を汚さない白髪染めはある?
十分注意してるつもりでも、お風呂場の壁や床に白髪染めが付着するとがあります。すぐ洗い流せば取れますが、時間が経つにつれて取れにくくなり、家族に見つかればクレームの嵐〜。お風呂場を汚す心配のない白髪染めはあるのでしょうか?
何が違う? よく染まって長持ちする白髪染めとは
白髪染めはよく染まって色が長持ちしてくれるほど良いですよね。白髪染めはヘアカラー剤によって染まり方に違いがあります。ではよく染まる白髪染めとは?知っておきたいヘアカラー剤の種類と染まり方の違いについて、詳しく見てみましょう。
市販の白髪染めでOK! 白髪を明るい色に染めたいなら
白髪染めをすると暗く重い印象の髪色になりがちですが、できれば華やかで明るい印象の髪色に染めたいですよね?白髪を明るく染めるためのヘアカラー剤の選び方や染め方をご紹介します。
上手に白髪を染めるコツ
鏡を見ながら自分で白髪を染めるのって、けっこう難しいですよね? とくに頭頂部や後頭部は見えにくくて塗りにくいし、最終的には感に頼るしかありません。白髪染め初心者の方はもちろん、自宅でのセルフカラーリングが苦手な方でもできる、上手に白髪を染めるコツをご紹介します。
実際に使いたい!女性に人気の白髪染めをお得に試す方法
白髪を染めたいけど、どれにしようか迷っちゃう・・・(困) って経験ありませんか? 初心者の方はもちろん、経験者だって新商品が出ると悩みます。白髪染めは実際に使ってみないと合うかどうかわからないのですよね? 気になる白髪染めをお得に試す方法を調べました。
選ばれる理由は?今人気の女性用白髪染め特徴
数多くの女性用白髪染めの中には、口コミなどで評価の高く人気のものがあります。美意識の高い世の女性たちを惹きつける理由とは?今人気の女性用白髪染めの特徴を調べてみました。
分け目や生え際のリタッチに使いやすい白髪染めのタイプ
どんなに白髪をしっかり染めても、3週間ほどで髪が伸び、根元の白髪が気になるようになります。そんな伸びてきた分け目や生え際の白髪だけを部分的に染める、リタッチに使いやすい白髪染めをご紹介します。
泡・ムースタイプの白髪染めは染まりにくい?
扱いやすく初心者でも染めやすいと人気の泡・ムースタイプの白髪染めですが、染まりにくいと聞いたことはありませんか?実はコレ、見た目の錯覚にちょっとした原因があるんです。きれいに染めるコツをご紹介!
ついに白髪染めが頭皮環境まで整えるって本当!?
女性が白髪染めに求めるものは美髪に染まるものや色持ちが良いもの。さらに、育毛に着目した白髪染めまで出現!本当に白髪も染めて育毛までできるのでしょうか?
新色!人気のアッシュカラーの白髪染めがおすすめ
アッシュカラーは、髪に透明感が出て外国人風に仕上がるとおしゃれ染めの中でも根強い人気があります。最近、そんなアッシュ系カラーの白髪染めが増えているのをご存知ですか?赤みを抑えて柔らかな雰囲気が出るアッシュカラーの白髪染めについて調べてみました

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧