よく染まる白髪染めについて

よく染まる白髪染めはココが違う!知っておきたいヘアカラー剤別染まり方の違い

白髪染めはやはりどれだけ染まってくれるかが重要になりますよね? 

 

欲を言えば「頭皮にやさしい」「美髪になる」など、正直きりが無いですけど・・・

 

どうせ染めるなら良いものを使いたいと思い、口コミやランキングサイトで調べると、おなじみのものや新商品までたくさんの白髪染めを見ることができます。

 

でも、見れば見るほどその評価には個人差があって、結局自分に合うか合わないかは「実際に使ってみないとわからない」という結果に落ち着くんですよね。(笑)
もちろん参考になりますし、勉強にもなりますよ。

 

そういう経験の中で、白髪染め選びに欠かせないと感じているのが使用されている成分をチェックすることです。ひとことに白髪染めといっても、使われているヘアカラー剤には違いがあり、それぞれに染まり方や色持ちの期間が異なります。

 

どのような目的で何が使われているかを知って、自分にピッタリのよく染まる白髪染めを選びましょう。

ケースバイケースで使い分けも!ヘアカラー剤の種類は大きく分けて3つ

白髪染めに使われているヘアカラー剤の種類は大きく分けて3つあります。

 

それぞれの特徴や染まり方の違いを知って、これからの白髪染め選びの参考にしてください。

 

染めたい場所や、白髪の量、髪のコンディションに合わせて使い分けると、髪や頭皮への負担を軽減できますよ。

 

 

アルカリ性酸化カラー

 

美容院や市販のヘアカラー剤の多くがこのタイプ。毛髪の内部までしっかり染める目的で、主成分にはパラフェニレンジアミンなどの酸化染料が使われ、「白髪染め」から「おしゃれ染め」までさまざまな色調のカラーリングが可能です。

 

毛髪中のメラニンの脱色と、キューティクルを開いて染料を内部まで浸透させていくので、髪の中心までしっかり染まり色落ちしにくいのがメリット。黒髪と白髪の髪色を均一に染め上げてくれます。

 

ただし、アルカリ度が強い場合は、髪と頭皮にダメージを受けることもあります。そして、ジアミン系の酸化染料は体質によりアレルギー反応を起こすことがあるので、使用前には必ずパッチテストが必要です。

 

 

 

ヘアマニキュア

 

爪に塗るマニキュアのように髪の表面に着色するタイプ。主成分は化粧品に使用される酸性染料で、色素を毛髪の内部へ導入する成分のジアミン系の酸化染料を含まず、ジアミンに対してアレルギー反応を起こす人や、髪や頭皮がデリケートな人におすすめです。

 

ただし、染料が髪の表面に付着するだけなので、酸化染料で染めた場合と比較するとシャンプーなどで色落ちしやすく、パーマがかかりづらくなる場合があります。

 

 

 

塩基性カラー

 

白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントなどがこのタイプ。主成分はプラスの電荷を持つ水溶性染料で、髪の表面のマイナス部分に結合することで着色します。最近よく見かけるイオン結合で染毛する白髪染めがこのタイプ。髪や頭皮に負担が少なく優しい白髪染めとして人気があります。

 

塩基性カラーそのものの分子は大きく髪の内部に浸透しないため、分子が小さくキューティクルを開かなくても染料が浸透するHC染料をともに配合した商品が多いです。

 

ただし、染毛力が弱く即効性がないため、白髪が染まるまでには数回使い続ける必要があり、染料が髪の中心まで届きにくいため色落ちがしやすいです。

 

 

 

それぞれの特徴が知れば、自分に必要な白髪染めがどのタイプなのか見えてきますよね。

 

よく染まる白髪染めとはどういったものなのか、なぜ色持ちに差があるのかなど、白髪染めもなかなか奥が深いと思いませんか?

 

これらを併用することで、それぞれのメリットとデメリットを上手に補い合い、キレイな髪色をキープしつつ髪や頭皮のダメージを軽減することができるわけです。

何が違う? よく染まって長持ちする白髪染めとは関連ページ

初心者にはヘアボーテ白髪染めが長持ちで最高!
ヘアボーテは、白髪染めの中でも色落ちしにくく、髪に負担の少ない白髪染めです。初心者で、初めに使ってみたいという人にまずおすすめしたい!その秘密ついて説明します。
染まりやすい白髪染めを検証した結果・・・
市販の白髪染めも種類が豊富ですね。その中のアンファー,ピュール,花王を比較してみました。染まりやすさに注目して検証した結果をお伝えします。さあ、使うならどれ?
白髪染めなのに洗わない!?モー二ング・レフィーネとは
白髪染めといえば使用後に洗い流すことが必要ですが、一時染め用でも無いのに洗わない白髪染めが存在します。朝専用と大々的にアピールしているその名も「モー二ング・レフィーネ」とは一体どんな商品なのでしょうか、調べてみました。
保存ができて繰り返し使える白髪染めがおすすめ!
白髪染めが余ってもったいないと思った経験はないですか?白髪の量や長さなどは人それぞれ違うので、必要な白髪染めの量も違ってきます。基本、白髪染めは使いきりとされているので、残りはサヨナラ・・・。保存ができて繰り返し使える白髪染めを調べてみました。
タオルに色落ちしない白髪染めってあるの?
白髪染め後に気になるのはタオルや枕カバーなどへの色移り。しっかりすすいだつもりでも汚してしまうことがあります。タオルに色落ちしてしまうのは白髪染めがいしっかり定着してない証拠。色落ちしない白髪染めについて調べてみました。
お風呂場を汚さない白髪染めはある?
十分注意してるつもりでも、お風呂場の壁や床に白髪染めが付着するとがあります。すぐ洗い流せば取れますが、時間が経つにつれて取れにくくなり、家族に見つかればクレームの嵐〜。お風呂場を汚す心配のない白髪染めはあるのでしょうか?
市販の白髪染めでOK! 白髪を明るい色に染めたいなら
白髪染めをすると暗く重い印象の髪色になりがちですが、できれば華やかで明るい印象の髪色に染めたいですよね?白髪を明るく染めるためのヘアカラー剤の選び方や染め方をご紹介します。
上手に白髪を染めるコツ
鏡を見ながら自分で白髪を染めるのって、けっこう難しいですよね? とくに頭頂部や後頭部は見えにくくて塗りにくいし、最終的には感に頼るしかありません。白髪染め初心者の方はもちろん、自宅でのセルフカラーリングが苦手な方でもできる、上手に白髪を染めるコツをご紹介します。
実際に使いたい!女性に人気の白髪染めをお得に試す方法
白髪を染めたいけど、どれにしようか迷っちゃう・・・(困) って経験ありませんか? 初心者の方はもちろん、経験者だって新商品が出ると悩みます。白髪染めは実際に使ってみないと合うかどうかわからないのですよね? 気になる白髪染めをお得に試す方法を調べました。
選ばれる理由は?今人気の女性用白髪染め特徴
数多くの女性用白髪染めの中には、口コミなどで評価の高く人気のものがあります。美意識の高い世の女性たちを惹きつける理由とは?今人気の女性用白髪染めの特徴を調べてみました。
分け目や生え際のリタッチに使いやすい白髪染めのタイプ
どんなに白髪をしっかり染めても、3週間ほどで髪が伸び、根元の白髪が気になるようになります。そんな伸びてきた分け目や生え際の白髪だけを部分的に染める、リタッチに使いやすい白髪染めをご紹介します。
泡・ムースタイプの白髪染めは染まりにくい?
扱いやすく初心者でも染めやすいと人気の泡・ムースタイプの白髪染めですが、染まりにくいと聞いたことはありませんか?実はコレ、見た目の錯覚にちょっとした原因があるんです。きれいに染めるコツをご紹介!
ついに白髪染めが頭皮環境まで整えるって本当!?
女性が白髪染めに求めるものは美髪に染まるものや色持ちが良いもの。さらに、育毛に着目した白髪染めまで出現!本当に白髪も染めて育毛までできるのでしょうか?
新色!人気のアッシュカラーの白髪染めがおすすめ
アッシュカラーは、髪に透明感が出て外国人風に仕上がるとおしゃれ染めの中でも根強い人気があります。最近、そんなアッシュ系カラーの白髪染めが増えているのをご存知ですか?赤みを抑えて柔らかな雰囲気が出るアッシュカラーの白髪染めについて調べてみました

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧