白髪染めの基礎知識まとめ

白髪染めの前に!自分に合う白髪染めに出会うために学んでおきたい基礎知識

ひとことに白髪染めといっても、その種類やカラーバリーエーションはとても豊富で店頭にもズラ〜ッと並んでますよね?

 

初めて白髪染めにチャレンジする方にとって、どのタイプがいいのか?色は?時間は?と、その中からコレだっ!というものを選ぶのはとても大変!

 

アレコレ時間をかけて悩んでも、結局買わないまま終わってしまうことも・・・(泣)

 

それぞれの白髪染めには染め方や染まり方に違いがあるだけでなく、使い方によってはメリットとデメリットがあります。

 

できるだけ髪や頭皮にダメージが少ないものを選びたいですし、手間ひまがかかりすぎては今後の白髪染めがますます嫌になってしまいますから、白髪染め選びも手の抜けない大事な作業なんですよ。

 

とくに、「失敗!」だけはなんとしてでも回避したいですからね。白髪を理想どうりにしっかりとキレイに染めるためにも、まず白髪染めの基礎知識を身につけることから始めましょう。

白髪染め選びは慎重になっても、染めたあとのヘアケアが疎かになりがち。

 

いくら口コミで話題のしっかりと染めてくれる白髪染めを使っても、その後のヘアケア方法によっては色落ちを加速させてしまうことがあります。

 

自分で染めて自分で色落ちさせては元も子もありません。すぐに白髪が目立ってしまうのは嫌です。

 

女性にとって老け見えになる白髪は大敵! 1本でもあるとたちまち憂鬱な気分になります。だからこそ、キレイにしっかり染めたい!染めた髪色を長持ちさせたい!そう思いますよね?

 

何気なくやっている日頃のヘアケアを見直して、ヘアカラー後だからこその正しいアフターケアで染めあがりのキレイな髪色をキープしましょう。

続きを読む≫ 2017/12/08 16:22:08

ドラッグストアやネットなどで簡単に購入できる白髪染めですが、とても種類が豊富でその特徴もさまざまです。

 

どれにしようか迷ってしまいますよね?

 

昔からあるクリームタイプや液体タイプの白髪染め、扱いやすいと人気のある泡タイプの白髪染め、最近ではシャンプーやトリートメントタイプの白髪染めが手軽に染められると人気があります。

 

そもそも、白髪の量や長さ髪質などには個人差があり、どのような色に染めたいのかにも違いがあるので、まずは個々に合った白髪染めがどのタイプであるのかを知ることが大切です。

 

また、それぞれのタイプを上手に使い分けることで髪や頭皮に負担が少なく白髪を染めることができるので、いくつかのタイプを併用するのも賢い使い方ですよ。

続きを読む≫ 2017/07/28 14:14:28

白髪を上手に染められるようになるためには、やはり経験が必要です。

 

何度となく繰り返していくうちに自分のやり方として定着していくものなので、初めのうちはアレコレ失敗がつきもの・・・

 

私も、肌や床を汚してしまったり、後ろ側が染まってなかったり、白髪を染めただけなのに精神的にどっと疲れるなんてこともありました。(苦)

 

慣れるまでは仕方がないとはいえ、できるだけ最初から失敗なく上手に染めたいですよね?

 

そこで、私の実体験から得た白髪染めで役立つアイテムをいくつかご紹介します。白髪染初心者の方、セルフカラーリングが苦手でいつも失敗してしまう方におすすめです。

続きを読む≫ 2015/09/18 14:24:18

髪の事ならプロである美容師にお任せするのが当然で、白髪に関しても美容院ならムラなくキレイな髪色に染めてくれますし、色についても相談にのってくれるので安心です。

 

一方、市販されている白髪染めも負けてはいません。

 

最近では美容成分や補修成分が配合されて美髪に染まるものが増え、カラーバリエーションも豊富になっています。

 

美容院で白髪を染めてもらうのと市販の白髪染めを使って自分で染めるのとでは、プロとド素人の違いはありますが、白髪を染める目的でヘアカラー剤を使うのは同じはずですよね。

 

しかし、美容院に比べ市販されている白髪染めは髪が傷みやすいと言います。なぜこのような差ができてしまうのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

続きを読む≫ 2015/09/15 10:39:15

市販されている白髪染めの歴史は長く、古くは粉末タイプから始まり最近では泡やカラートリートメントなどといったさまざまなタイプに進化しています。

 

実際買うとなるとどれにしようか迷うぐらい種類が豊富にありますよね。

 

これまでもしっかり染まって髪や頭皮にやさしい白髪染めは次々と発売されていますが、人類の白髪染めに対する悩みは尽きません。

 

とくに近年の女性は美意識の高まりとともに、白髪染めに求めるレベルも高くなっています。肌だけではなく髪も見た目年齢を大きく左右しますから当然なのかもしれませんが、全てにおいてマイナス5歳や10歳など、若く見られることになにかと敏感ですよね。

 

白髪染めメーカーさん泣かせだな・・・(苦笑) 

 

白髪染めの悩みの1つに「色落ち」がありますが、これって全く色落ちしない白髪染めがあれば解決できることですよね? 実際、色落ちしない白髪染めは存在しないのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/06/09 11:30:09

市販されている白髪染めには、「クリームタイプ」「液体・乳液タイプ」「泡タイプ」「シャンプー・トリートメントタイプ」「粉末タイプ」「白髪隠しタイプ」などのいくつかのタイプがあります。

 

それぞれ使い方や染まり方に違いがあるので、その特徴を知ったうえで自分の希望を叶えてくれる白髪染めを使用することをおすすめします。

 

知らないまま使っていると・・・
思っていたような染めあがりにならず、結局は時間や費用が無駄になてしまいます。(泣)

 

また、全体染めや部分染めなどの目的別に使い分けることで、髪や頭皮に負担が少なく美しい髪色をキープすることができますよ。白髪染めのタイプをしっかり把握して、上手に使いこなして下さいね。

続きを読む≫ 2015/04/28 15:36:28

白髪染めもヘアカラーも、どちらも同じく髪を染めるものではありますが、「白髪染め」はヘアカラーの1種に分類されています。

 

一般的には白髪を染めるものを「白髪染め」、黒髪を染めるものを「ヘアカラー」と呼び、その目的の違いで区別されています。

 

みなさんはそれぞれを理解して上手く使い分けれていますか?

 

せっかく染めたのに白髪が全く染まっていない・・・
髪全体が真っ黒になった・・・
など、希望とはほど遠い結果になった経験はないでしょうか?

 

間違った使い方をしてしまっては元も子もありません。「白髪染め」と「ヘアカラー」のそれぞれの特徴を知ってしっかり使いこなしましょう。

続きを読む≫ 2015/04/21 12:40:21

白髪染めは種類が豊富すぎてどれがいいのか迷ってしまいます。とくに、そろそろ白髪染めデビューを考えている方にとっては、白髪染め選びに一苦労なのではないでしょうか。

 

白髪をなんとかしたいけど髪や頭皮を痛めそうでどれでもいいという訳にはいかないですし、できるだけ使いやすいものがいいですからね。

 

白髪をしっかり染めるにはどうすればよいのでしょう?

 

口コミやネットでは情報が多すぎて逆に混乱することもありますが、白髪をしっかり染めるためには、染める前に確認しておきたい重要なポイントが4つあります。

 

白髪染めの商品選びだけではなく、自身の髪質や商品の使い方、染める場所の環境などをきちんと把握することが、きれいに白髪を染める近道になります。

 

初めて白髪染めを使われる方でも満足できる仕上がりになるように、白髪をしっかり染めるための4つのポイントをおさえておきましょう。

続きを読む≫ 2015/03/03 13:12:03

白髪染めはドラッグストアやスーパーで気軽に購入することができて、ネットや通販でもさまざまな商品が取り扱われています。

 

白髪染めを探している方にとっては、どれにしようか悩むぐらいとてもたくさんの種類がありますよね。

 

カラーバリエーションも豊富で暗く染まるものから明るい髪色に染まるものまで揃っています。

 

最近では、ただ白髪を染めるだけではなく、髪や頭皮をいたわりながら艶や潤いを与え補修してくれる効果があるものまで、多種多様なニーズに合わせた商品が増え、白髪染めもどんどん進化しているのがわかります。

 

白髪を染めるこちら側のわがままに、大人の対応をしてくれているのですね。(笑) 

 

それなのに、商品のレビューを見ると「染まらない・・・」、「思った髪色にならない・・・」という書き込みを見かけます。白髪染めはどれも染まりやすく作られていて、新しいものほどよりしっかり染まるようにできているはずなのに、なぜこんな体験談が出るんでしょう? 
なんだかおかしいと思いませんか?

続きを読む≫ 2015/02/27 15:30:27

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧