タイプ別白髪染めの特徴と上手な使い方

知らなきゃ損!タイプ別で違う白髪染めの特徴と使用方法

ドラッグストアやネットなどで簡単に購入できる白髪染めですが、とても種類が豊富でその特徴もさまざまです。

 

どれにしようか迷ってしまいますよね?

 

昔からあるクリームタイプや液体タイプの白髪染め、扱いやすいと人気のある泡タイプの白髪染め、最近ではシャンプーやトリートメントタイプの白髪染めが手軽に染められると人気があります。

 

そもそも、白髪の量や長さ髪質などには個人差があり、どのような色に染めたいのかにも違いがあるので、まずは個々に合った白髪染めがどのタイプであるのかを知ることが大切です。

 

また、それぞれのタイプを上手に使い分けることで髪や頭皮に負担が少なく白髪を染めることができるので、いくつかのタイプを併用するのも賢い使い方ですよ。

残りはとっておける!根元までしっかり染まるクリームタイプの白髪染め

白髪染めの主流の一つであるクリームタイプは、気になる白髪へピンポイントに塗ることができ、液体タイプのように他へ流れ出ることがないため白髪の根元までしっかり染まります。

 

そのため、全体染めに使うよりもどちらかと言えば部分染めに向いています。また、1剤2剤を混ぜる前であればそれぞれのキャップをしっかり閉めることで保存が可能です。

 

必要な量だけ使えて残りをとっておけるのは経済的でうれしいですね。(嬉)

 

分け目や生え際の白髪を染めたい方や根元までしっかり染めたい方、伸びてきた白髪のリタッチや残りをとっておける白髪染めをお探しの方におすすめです。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

全体染めならお任せ!髪になじみやすい液体・乳液タイプ白髪染め

白髪染めの主流の一つである液体・乳液タイプは、伸びがよく髪になじみやすいので、髪全体に行き届きやすく広い範囲を染めやすいのが特徴です。

 

そのため、部分染めに使うよりもどちらかと言えば全体染めに向いています。これまではサラサラとした液状が多く液だれの心配がありましたが、最近では乳液やクリームに近いクリーミなものが増えて扱いやすくなっています。

 

また、くし型のノズルを使用するものであれば、髪をとかすように髪全体へまんべんなく混合液を行き渡らせることができ、見えにくい後頭部までムラなく染めることができます。

 

ただ、液体・乳液タイプの白髪染めは原則使い切りとなっているので保存ができません。1剤2剤を混ぜ合わせた混合液は時間経過とともに染毛効果がなくなり、ガスの発生により容器が破損することがありますので、使用後の残りの混合液はすみやかに下水へ流して処分して下さいね。

 

白髪の量が多く髪全体を染めたい方や髪の長い方におすすめです。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

初めての方や不器用さんにおすすめ!染めやすい泡タイプ白髪染め

1剤2剤を混ぜる必要がなく、手のひらにワンプッシュするだけで使えるものが多いので、スタイリング感覚で髪になじませやすく手軽に白髪を染められると人気があります。

 

もっちりとした泡が白髪の1本1本に密着して根元の白髪までしっかり染めあげ、液だれせず髪全体に揉み込むように使うので、見えにくい後頭部まで泡が行き届き染残しの心配がありません。

 

分け目や生え際の白髪だけではなく、隠れている内側の白髪までしっかり染めてくれるので、全体染めにも部分染めにもそれぞれに対応できるすぐれものです。

 

白髪染め初心者の方はもちろん、不器用で自宅での白髪染めに自信がない方にもおすすめです。

 

残りはそのままとっておけて保管がしやすく、使いたいときに必要な分量だけ繰り返し使えて経済的なのも魅力です。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

洗うたびに染まる!トリートメントタイプ白髪染め

最近人気急上昇なのが、トリートメントタイプの白髪染めです。

 

使用方法は同じでありながら使うたびに白髪も染めることができ、髪や頭皮に負担が少なくトリートメント効果が高いのが特徴です。

 

お風呂場で洗髪ついでに白髪も染められたら一石二鳥ですよね。(嬉)

 

 

ただ、通常の白髪染めと違って即効性はなく、一度だけでは白髪をしっかり染めることはできません。使うたびに徐々に白髪を染めていくので、数日間は毎日使用し、色が定着し始めたら間隔を開けて使用することでキレイな髪色をキープできます。周りに気づかれることなく「染めた感」のない自然な髪色になります。

 

通常の白髪染めと併用して使うことで、髪や頭皮に負担が少なく染めあがりの髪色を長持ちさせることもでき、伸びてきた白髪を気にする心配がありません。カラーリングによる髪のダメージが気になる方や、白髪染めの面倒な手間を省きたい方におすすめです。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

ポイント白髪を簡単に隠せる!生え際や分け目に使いやすい白髪隠し

お化粧感覚でさっと塗るだけで部分白髪を目立たなくさせることができる白髪隠しは、いざという時に1つあると便利なお役立ちアイテムの白髪染めです。

 

ひとことに白髪隠しといっても種類は豊富で、ファンデーション型、マスカラ型、ペン型、ハケ型、スプレー型など、それぞれ特徴に違いがあり、数本を塗るのに向いているものから広範囲を塗るのに向いているものまでさまざま。

 

全体染めをするほどではないけど、出かける時だけは気になる白髪を隠したいという方、染める時間はないけど今だけ隠したい白髪がある方、髪のダメージが気になって全体染めをしたくない方におすすめです。

 

白髪隠しはシャンプーで洗い流せるものがほとんどですが、中には使い続けることで白髪を染めるものもあり好評です。

 

白髪染めを成功させるためには、「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」の4つがポイントになります。使用方法をよく読んで正しくお使いください。

知らなきゃ損!タイプ別白髪染めの特徴とベストな使い方関連ページ

あなたにぴったりなタイプはどれ?白髪染めの種類と特徴
「白髪」とひとことに言っても、量や長さに個人差があります。そして、白髪をどのように染めたいかにも人それぞれ考えが方違いますよね?自分の目的に合った白髪染めを選ぶためにも、白髪染めの種類とそれぞれの特徴について知ておきましょう。
白髪染めとヘアカラーとは何がどう違うの?
髪の色を変えるために一般的に行われているのが「ヘアカラー」ですが、白髪を染めるものが「白髪染め」と分けられているのにはどのような理由があるのでしょうか?白髪染めとヘアカラーとの違いを知って上手に選び使いこなしましょう。
髪色長持ち!白髪をしっかり染めるための4つの条件
白髪をしっかり染めるためには、白髪染め選びだけではなく、使い方や使う環境も重要なポイントになってきます。しっかり白髪を染めることは色落ちを防いで髪色を長持ちさせる効果もあります。ただ白髪を染めるのではなく、4つの条件をしっかりおさえて、染め上がりの効果をキープさせましょう。
自宅での白髪染めにあると便利なお役立ちアイテム
市販されているほとんどの白髪染めには、コーム、ケープ、ビニール手袋など、白髪染めの際に必要なアイテムが付属しています。もちろん大変役立つのですが、それ以外にもあると便利で染めやすくなるアイテムをご紹介します。
美容院のヘアカラーと市販のヘアカラーの違いは?
市販の白髪染めはより美髪に染まるよう改良され、自宅でも簡単に扱えるものが増えています。ただ、美容院で白髪を染めると仕上がりが断然いいですよね?髪のプロと素人の違いはもちろんありますが、使っている白髪染めそのものにも違いがあるのでしょうか?
白髪染めが染まりにくいほど色落ちしやすくなります
白髪染めが染まりにくいと思ったことはありませんか?白髪染めに原因あるのではなく、選び方や使い方が間違っているかもしれません。白髪染めがしっかり染まっていなければ色落ちも早くなってしまいます。なぜ染まりにくいのか、原因を調べてみました。
そもそも落ちない白髪染めは存在する?
白髪染めの悩みの1つに色落ちがあります。染めたてのキレイな髪色をできるだけ長持ちさせたいところですが、染め方や染めた後のケアによっては色落ちを加速させてしまうことも。そもそも色落ちしない白髪染めはないのでしょうか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧