美容院と市販品との白髪染めの違い

美容院と市販の白髪染めでは何が違う? それぞれのメリットとデメリットとは

髪の事ならプロである美容師にお任せするのが当然で、白髪に関しても美容院ならムラなくキレイな髪色に染めてくれますし、色についても相談にのってくれるので安心です。

 

一方、市販されている白髪染めも負けてはいません。

 

最近では美容成分や補修成分が配合されて美髪に染まるものが増え、カラーバリエーションも豊富になっています。

 

美容院で白髪を染めてもらうのと市販の白髪染めを使って自分で染めるのとでは、プロとド素人の違いはありますが、白髪を染める目的でヘアカラー剤を使うのは同じはずですよね。

 

しかし、美容院に比べ市販されている白髪染めは髪が傷みやすいと言います。なぜこのような差ができてしまうのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

市販の白髪染めでは無理!髪の状態に合わせるプロの技!

市販されている白髪染めのメリットは、スーパーやドラッグストアなどの身近なところで安価に入手でき、染めたい時に染められて、素人でも扱いやすく短時間でも染まるように作られていること。

 

美容院で白髪染めを行うメリットは、染める色や髪の悩みを相談できて、その時の髪の状態に合った負担の少ない染め方をしてくれること。ツヤがあってまとまりのある美髪に仕上がるのはやはりプロの技ですよね。

 

では、なぜ市販の白髪染めでは髪が傷みやすいのか?
この差が生まれるポイントは、ブリーチする作用に大きく関わっている2剤の過酸化水素の濃度の違いです。この過酸化水素の濃度が必要以上に濃ければ髪にダメージを与えてしまいます。

 

美容院では1剤と2剤を混ぜるタイプのものを使うことが多く、この時に使われる2剤の過酸化水素の濃度を1〜6%に調整が可能で、その時の髪の状態に合わせて使い分けることができます。しかし、市販されている白髪染めは短時間で染まるよう過酸化水素の濃度が濃く約6%とされていますので、髪の状態に合わせて調整することができません。

 

なので、市販の白髪染めのデメリットとして、美容院で行う白髪染めに比べて髪が傷みやすいという現状があります。その他、頭頂部や後頭部が見えにくく染めにくいため、全体を均一に染めることが難しく、染めあがりの髪色がムラになるなど、自宅でのセルフカラーリングが苦手な方も多いです。

 

ただ、美容院での白髪染めにもデメリットはあります。髪に負担が少ないようゆっくりと白髪を染めていくため時間がかかったり、そもそも美容院へ足を運ぶ時間がなかったり、費用が高くて頻繁に通えないなど、白髪ケアを定期的に美容院で行うのはそれなりに大変です。

 

市販の白髪染めも、美容院での白髪染めにもそれぞれメリットとデメリットがありますが、何を優先したいのかですよね。2ヶ月に1度は美容院、その間は市販の白髪染めで・・・など両方を賢く使い分ける方法もありますので、自分に合ったベストな利用方法を確立してみてはいかがでしょう。

 

美容院のヘアカラーと市販のヘアカラーの違いは?関連ページ

知らなきゃ損!タイプ別白髪染めの特徴とベストな使い方
白髪染めにはいくつかのタイプがあり、それぞれの特徴に合わせて上手に使い分けることで、髪や頭皮に負担を少なく白髪をきれいに染めることができます。まずは、白髪染めのタイプと賢い使用方法について学んでいきましょう。
あなたにぴったりなタイプはどれ?白髪染めの種類と特徴
「白髪」とひとことに言っても、量や長さに個人差があります。そして、白髪をどのように染めたいかにも人それぞれ考えが方違いますよね?自分の目的に合った白髪染めを選ぶためにも、白髪染めの種類とそれぞれの特徴について知ておきましょう。
白髪染めとヘアカラーとは何がどう違うの?
髪の色を変えるために一般的に行われているのが「ヘアカラー」ですが、白髪を染めるものが「白髪染め」と分けられているのにはどのような理由があるのでしょうか?白髪染めとヘアカラーとの違いを知って上手に選び使いこなしましょう。
髪色長持ち!白髪をしっかり染めるための4つの条件
白髪をしっかり染めるためには、白髪染め選びだけではなく、使い方や使う環境も重要なポイントになってきます。しっかり白髪を染めることは色落ちを防いで髪色を長持ちさせる効果もあります。ただ白髪を染めるのではなく、4つの条件をしっかりおさえて、染め上がりの効果をキープさせましょう。
自宅での白髪染めにあると便利なお役立ちアイテム
市販されているほとんどの白髪染めには、コーム、ケープ、ビニール手袋など、白髪染めの際に必要なアイテムが付属しています。もちろん大変役立つのですが、それ以外にもあると便利で染めやすくなるアイテムをご紹介します。
白髪染めが染まりにくいほど色落ちしやすくなります
白髪染めが染まりにくいと思ったことはありませんか?白髪染めに原因あるのではなく、選び方や使い方が間違っているかもしれません。白髪染めがしっかり染まっていなければ色落ちも早くなってしまいます。なぜ染まりにくいのか、原因を調べてみました。
そもそも落ちない白髪染めは存在する?
白髪染めの悩みの1つに色落ちがあります。染めたてのキレイな髪色をできるだけ長持ちさせたいところですが、染め方や染めた後のケアによっては色落ちを加速させてしまうことも。そもそも色落ちしない白髪染めはないのでしょうか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧