白髪の量が多い方の白髪染めの選び方

白髪の量が多く頭全体に広がっているなら全体染めがしやすい白髪染めを選ぼう

頭全体に白髪が目立つようになってきたら、やはり全体染めが効果的です。

 

最近の白髪染めは美容成分や保湿効果のある天然オイルを配合したものもあり、サロン級の仕上がりになると評価も高いです。

 

どうせ染めるなら若々しい印象になりたい!ツヤやまとまりのある美しい髪は、見た目年齢を5歳若返らせると言いますからね。(笑)

 

全体染めがしやすいのは液体・乳液タイプや泡タイプで、これらはクリームタイプに比べて髪になじませやすく、染毛剤を髪全体に広げやすいのが特徴です。

 

中でも泡タイプは染毛剤が垂れることがなく髪に密着してくれるので、白髪染め初心者の方にも扱いやすく染めやすいです。残りをそのままとっておけて次回使うことができるので、必要な量だけ使えるので経済的な魅力もあります。

 

ただ、髪の長さや髪質には個人差があるので、同じ白髪染めを使用してもそれぞれ仕上がりに違いが出ます。白髪染め選びやキレイにムラなく染めるためにも、まずは自分自身の髪について把握しておきましょう。

髪質によって染まり方が違う!あなたは軟毛?硬毛?それぞれの白髪染め選び

細かったり太かったり、柔らかかったり硬かったりと、髪質は人それぞれ違います。

 

そのため、同じ白髪染めを使っても染まりやすかったり染まりにくかったりと、仕上がりに個人差が出てしまいます。

 

理想の染めあがりにするためには、できるだけ自分の髪質に合った白髪染め選びをする必要があります。

 

一般的に髪質が細く軟毛タイプの場合は染まりやすいとされ、髪質が太く硬毛タイプの場合は染まりにくいとされています。白髪染めによっては髪質に合わせて放置時間を調整し、染めあがりを好みに合わせることができるので、取り扱い説明書を確認しましょう。

 

白髪染めの色選びで悩んだら、硬毛タイプの方が明るい髪色に染めたい場合は希望の色より1トーン明るいものを選び、反対に、軟毛タイプの方が暗い髪色に染めたい場合は希望の色より1トーン暗いものを選ぶといいですよ。

 

また、白髪染めには黄味系と赤味系があり、黄味系は軟毛タイプと、赤味系は硬毛タイプと相性が良く、白髪と黒髪に自然と馴染むきれいな染めあがりになります。

 

白髪染めをした後はアフターケアをお忘れなく! 日頃のヘアケアをちょっと工夫するだけで、染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせることができます。

白髪染めシャンプーやカラートリートメントとの併用で染め上がりの髪色長持ち

白髪染めシャンプーやカラートリートメントは、洗髪と同時に白髪が染められるとして人気があり、とくに補修&保湿効果のあるカラートリートメントは女性に人気があります。

 

白髪の量を選ばず素手で手軽に扱うことができるので、白髪染めの準備や手間が面倒くさい方に向いています。

 

白髪を染めた後、日々のケアとして併用するれば染め上がりの髪色をキープできますよ。

 

そもそも、通常の白髪染めは1度で染まる即効性があり、白髪染めシャンプーやカラートリートメントは繰り返し使うことで徐々に染まるため即効性がありません。

 

髪の内部までしっかり染まる白髪染めをした後、定期的に白髪染めシャンプーやカラートリートメントを併用することで、次第に伸びてくる白髪を目立ちにくくする効果があり、染めあがりの髪色を長持ちさせることができます。

 

また、この染まり方の違いを上手に使い分けて髪色をキープするれば、頻繁に白髪染めを使うよりも髪や頭皮に負担が少なく済みます。

 

せっかく染めてもすぐに色落ちしてしまったり、髪や頭皮が傷むのは嫌ですからね。これから先も長〜くお世話になる白髪染めなので、自分に合った白髪染め選びをして下さい。

白髪が多く頭全体に目立つ関連ページ

白髪がまだ少ない
白髪が生え始めて気にはなるけど、全体染めにはまだ早いかなとお考えの方。この時期にはどのような白髪染めが合うのでしょう?白髪の量がまだ少ない方に合う白髪染めの選び方とは
白髪がちらほら見える
白髪の生え始めから比べると、徐々に量が増え始めて白髪がちらほら見えるように・・・。切ったり、部分染めをするにも面倒になってきたけど、髪全体を染めるのはまだ早い時の白髪染め選びとは?
白髪が生え際に多い
生え際の白髪ってやけに目立つと思いませんか?顔周りの白髪はとくに人目につきやすので今すぐどうにかしたいですよね。生え際の白髪をキレイに簡単に染めたい時には、どのような白髪染めを選べばいいのでしょう?
白髪がまばらに目立つ
いつの間にかあちこちに白髪が増えて目立つように・・・部分染めではもう手に負えなくなった白髪はどうすればいいの?まばらに目立つようになった白髪を染めるにはどのような白髪染めを選べば良いのでしょう?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧