シャンプーでも色落ちしない長持ち白髪染めの口コミと評判

シャンプーしても落ちにくく、色あせしない白髪染めをまとめるに当たって・・。

40代になると、ちょっとずつ頭に白い毛が増え始める、白髪が急に気になりだす、そんなことってありませんか? かといって白髪染めを買うにしても、髪や頭皮へのダメージが怖い、一気に抜け毛が加速しそう・・・実は私もそうでした。

 

また、白髪を染めてもシャンプーをするたびに色が落ちてしまい、手について汚れたり浴槽が汚くなったりするのが嫌ではないでしょうか? 私も市販の白髪染めを使った際には、すぐに浴槽が汚れて気になって仕方がありませんでした。

 

ちなみに夫や子供にも「汚れるからやめて!」と言われてかなり凹みました。(^_^;)

 

そこで、髪や頭皮へのダメージや色落ちについて友達に相談したら、実はルプルプというダメージ0の白髪染めがあることを知り購入。

 

現在大変満足して使っている次第ですが、当サイトは、そんな初めての白髪染めをしようかな?と思う方にちょっとしたアドバイスをしようと思って立ち上げてみました。

 

髪形もそうですが、やっぱり黒くてハリツヤのある自然な髪は年齢を何倍にも若く見せると思います。どうせやるなら初めから良い物を選んでくださいと言うことで!

白髪染め選びは慎重になっても、染めたあとのヘアケアが疎かになりがち。

 

いくら口コミで話題のしっかりと染めてくれる白髪染めを使っても、その後のヘアケア方法によっては色落ちを加速させてしまうことがあります。

 

自分で染めて自分で色落ちさせては元も子もありません。すぐに白髪が目立ってしまうのは嫌です。

 

女性にとって老け見えになる白髪は大敵! 1本でもあるとたちまち憂鬱な気分になります。だからこそ、キレイにしっかり染めたい!染めた髪色を長持ちさせたい!そう思いますよね?

 

何気なくやっている日頃のヘアケアを見直して、ヘアカラー後だからこその正しいアフターケアで染めあがりのキレイな髪色をキープしましょう。

いつまでも若く見られたい!と思うのは男女共通の永遠のテーマですが、白髪に対する考え方やケア方法は男女で差があります。

 

男性が白髪交じりの髪をロマンスグレーと呼んでプラス受け入れているのに対して、ほとんどの女性は白髪が生えること、見られることに強い抵抗がありますよね?

 

加齢とともに増える白髪は老化現象の1つですし、白髪交じりの髪は見た目年齢に大きな影響を与える老け見えの原因でもあります。

 

白髪という存在は女性にとってマイナスでしかない、そう思っていたら、意外にも白髪をプラスに受け入れている女性が増えていることに気が付きました。

 

女性があえて白髪を染めないことを選んだ理由は? グレイヘアのメリットとは? 
キレイな白髪を作る方法にも注目してみました。

市販の白髪染めも髪や頭皮に優しく、美容院で染めたような仕上がりに近づいている今日この頃ですが、明るい髪色に染まる白髪染めを求める大人女性のニーズは高まるばかり。

 

ブラックやブラウンだけでなくカラーバリエーションか豊富になった白髪染めですが、最近ではアッシュ系のカラーが増えています。

 

おしゃれ染めと同様に、白髪染めでも好みのカラーを楽しめる時代がやってきましたね。

 

そもそも、アッシュとは灰色を意味する言葉で、ヘアカラーの中でも外国人風の柔らかで透明感のある髪色に仕上がると大変人気があるカラーです。

 

おしゃれ染めでは根強い人気のあるアッシュカラーですが、白髪染めとしての実力はどうなのでしょうか?

女性が求める理想の白髪染めといえば、髪や頭皮に優しく誰でも簡単に扱えてしっかり染まるものですよね。

 

そんな中、ここ最近「頭皮ケア」「育毛」といったキーワードの白髪染めが増えつつあるのをご存知ですか?

 

たしかに、白髪が生え始める年代の髪はハリツヤが無くなったり、抜け毛や薄毛といったトラブルも同時に起き始めます。

 

ツヤのある健康的な黒髪を育て、髪1本1本を元気にするには土台となる頭皮がまず健康でなければなりません。白髪を染めると同時に頭皮ケアまでできるのはとってもありがたいですよね。

 

頭皮環境を整え健康な髪を育てる白髪染めとはいったいどのようなものなのでしょう? 
しっかり白髪は染まるのでしょうか? 気になるその実力とは?

ドラッグストアやネットなどで簡単に購入できる白髪染めですが、とても種類が豊富でその特徴もさまざまです。

 

どれにしようか迷ってしまいますよね?

 

昔からあるクリームタイプや液体タイプの白髪染め、扱いやすいと人気のある泡タイプの白髪染め、最近ではシャンプーやトリートメントタイプの白髪染めが手軽に染められると人気があります。

 

そもそも、白髪の量や長さ髪質などには個人差があり、どのような色に染めたいのかにも違いがあるので、まずは個々に合った白髪染めがどのタイプであるのかを知ることが大切です。

 

また、それぞれのタイプを上手に使い分けることで髪や頭皮に負担が少なく白髪を染めることができるので、いくつかのタイプを併用するのも賢い使い方ですよ。

ワンプッシュで使える泡・ムースタイプの白髪染めは、スタイリング感覚で扱えることから白髪染め初心者や髪の長い方に人気があります。

 

髪全体に揉み込むことで隠れ白髪や見えにくい後頭部をムラなく染めることができますが、「 染まりにくい 」という口コミを見かけるのはなぜでしょう?

 

ポイントは、泡の見た目につい騙されてしまう塗布量です。

 

さらに、使用量の説明にもある「 たっぷり 」という言葉が個人によってそれぞれ受け止め方が違うため、必要な塗布量と実際の塗布量に差ができてしまい思っていた染めあがりにならないことも。

 

理想の染めあがりになるためにもポイントをしっかりおさえて、簡単で染めやすい泡・ムースタイプの白髪染めを上手に使いこなしましょう。

白髪染めのクリームタイプや液体タイプに変わって主流になりつつあるのがヘアカラートリートメントです。

 

ヘアカラートリートメントは、ヘアケアと同時に使うたびに徐々に着色して白髪を目立たなくさせるのが特徴。

 

準備不要で洗髪時に手軽に扱うことができることから、時短で白髪を染められるのも人気の理由です。

 

また、髪の補修効果や保湿効果が高く、美容成分配合で育毛環境を整えるものまであり、白髪染めなのに美髪に染まると注目されています。

 

ヘアカラートリートメントは白髪だけでなく抜け毛や薄毛といった大人女性特有の髪の悩みにも応えてくれる白髪染めなのでしょうか? ヘアカラートリートメントならではのメリットとデメリットを知って、賢く上手に使いこなしましょう。

髪に負担が少なく美髪に染まると人気の白髪染めをたくさん見かけるようになりました。が、実際使ってみた感想は人それぞれ・・・

 

商品の口コミをチェックすると、キレイに染まったと喜んでいる人もいれば、思いどうりに染まらず残念がっている人もいます。

 

同じ商品を使っても染めあがりに違いが出てしまうのは、白髪の量や髪質に個人差があったり、染める時の室温や放置時間によって差が出てしまうことが理由です。

 

その他に、もともとの髪の傷み具合によって仕上がりが違ってくるのをご存知ですか?

 

髪は傷んでいれば傷んでいるほど染まりやすく、そして、髪が傷んでいれば傷んでいるほど白髪染めが色落ちしやすいんです。(泣)

女性の天敵「紫外線」はシワやシミなどの肌を老化させるだけでなく、髪も老化させることを知ってますか?

 

太陽光とともに年中降り注いでいる紫外線は、春頃から増え始めて日差しの強くなる夏にピークを迎えます。

 

お肌の紫外線対策は徹底的にやっている女性でも、髪の紫外線対策はついつい忘れがち。かなりのダメージを受けているかも?! (焦)

 

そもそも、私たち地球上のあらゆる生命体は、太陽光が与える天候や自然の営みによる恩恵を受けて日々の生活をしています。

 

人体に対する紫外線の役割としては、カルシウムの吸収率を上げるビタミンDを合成させて骨を強くしたり、血行や新陳代謝を促進させる効果のある健康づくりに必要なものでもありますが、過度に紫外線を浴びると皮膚がんなどを引き起こす発がん性もあり、髪にも知らず知らずのうちに負担を与える事に・・・

 

ダメージを受けて傷んだ髪は見た目や手触りが悪くなるだけでなく、色落ちしやすくい状態になります。日差しが強くなってから紫外線対策をするのでは遅く、髪にも日頃からのケアが必要というわけです。

髪のカットやパーマは美容院で髪のプロである美容師さんにやってもらうのがあたりまえですが、カラーリングや白髪染めは市販のものを使って自宅ですることもありますよね?

 

とくに白髪染めはドラッグストアやコンビニなどでも手軽に買うことができ、種類やカラーバリエーションも豊富にそろっています。

 

美容院で染めたような仕上がりになると評判のものや、美容成分や補修成分が贅沢に配合されたものまでさまざま。

 

しっかり染まって色持ちするよう進化し続けている白髪染めですが、やっぱり美容院で使われている白髪染めの方が落ちにくいのでしょうか?


HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧