ヘアボーテシリーズで落ちにくい白髪染め

ヘアボーテは長持ちして色落ちしない白髪染めの決定版!!

みなさんは白髪染めを購入する際、何を基準に選んでいますか?

 

安さ? 使いやすさ? 色? 染める時間? いろんな考えがあって当然ですが、せっかく染めるのですから髪色が長持ちして色落ちしないものがいいですよね。

 

私が使って納得だったのはヘアボーテの白髪染めです。

 

液体・乳液タイプやクリームタイプ、シャンプー・トリートメントタイプなど、

白髪染めにもさまざまなタイプがありますが、やっぱり使いやすくて染めやすいのは断然泡タイプ。

 

ヘアボーテの白髪染めは空気と接触で発色する濃密な泡が特徴で、しっかりと髪の内部にまで色が浸透するから、きれいに染まるし色落ちもしない優れもの。

 

スタイリング感覚で扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

ヘアボーテの白髪染めがなぜ長持ちするのか?

白髪染めって普段なんとなく使っている感じだと思いますが、大きく4つの種類に分類されるのを知ってますか?

 

 

ヘアカラー (永久染毛剤)

 

液体・乳液タイプやクリームタイプ、泡タイプなど、白髪染めの多くはこの種類に分類されます。髪の内部まで着色するので染めあがりの色が長続きし、染める頻度が少なくすみますが、キューティクルを開くため脱色剤を使用しているので髪や頭皮に負担が大きく、繰り返し使うことで痛めてしまうことがあります。デリーケートな肌の方にはおすすめできません。

 

 

ヘアーマニキュア (半永久染毛剤)

 

クリームタイプや泡タイプ、シャンプー・トリートメントタイプなどがあり、髪の表面だけに着色するので脱色剤を使わず髪や頭皮への負担は少ないですが、着色する範囲が浅いので染めた髪色が長続きしません。

 

 

ヘアカラーシャンプー・トリートメント (半永久染毛剤)

 

いつものシャンプーやトリートメントと同じように使用し、汚れを気にせず手軽に使えると人気があります。徐々に白髪を染めて伸びてくる白髪も気にせずにすみますが、即効性がなく繰り返し使う必用があるので、急いで白髪を染めたい方には向いていません。

 

 

一時染め (一時染毛料)

 

マスカラタイプやペンタイプなどが主流で、少量の白髪をすぐに隠せることができます。髪の表面に一時的に着色して、シャンプーで洗い流せます。生え際や分け目などにさっと塗ることができて便利です。

 

 

ヘアボーテは脱色剤不使用で髪や頭皮にやさしい白髪染め、で・す・が、髪の内部にまでしっかり色が浸透するヘアカラーに分類される商品なんです!!
だから染めあがりの髪色が長持ちするというわけなんです。

長期で考えるなら落ちない白髪染めの方がコスパが良いです!

白髪染めを使いはじめるタイミングは男女を問わず早い人もいれば遅い人もいますが、どっちにしてもそれからけっこう長い間お世話になるんですよね。

 

個人差はありますが月1ペースで、
年に12回ぐらい・・・?
何年間使う・・・?
80、90・・・?
白髪って何歳まで染めるんだろ。(苦笑) 

 

とにかく、白髪染めとの付き合いが長くなるのは間違いないわけで、そう考えると費用もばかになりません。ドラッグストアなどで購入できる白髪染めは、だいたい1箱600円〜1,600円前後で、髪に良いとされる成分を配合してある商品のほうがやはり値段が高いです。

 

白髪をきれいに染めることも重要ですが、1回あたりにかかる費用もできるだけ抑えたいって思うのがみんなの本音。もちろん私も。

 

髪に良いものをと思いつつ、白髪染めのコーナーをパッと見て金額の安いものがあれば、ついついそれを選びがちになります。でも、実際使ってみると思うように染まらなかったり、色落ちが早くてまたすぐに染め直さなければならなかったり、安く購入したつもりでもトータルで見てみると高くついてしまったなんてこともありますよね。

 

金額だけではなくて、本当に白髪をきれいに染めてくれるか、染め上がりの効果が長持ちするかどうか、商品を見極める必要があります。やはり、長い間使うものですから、1回でしっかり染まって色落ちしない白髪染めの方が費用や時間を抑えられて無駄がない!! 落ちない白髪染めのほうがコスパが良いのは間違いないです。

初心者にはヘアボーテ白髪染めが長持ちで最高!関連ページ

染まりやすい白髪染めを検証した結果・・・
市販の白髪染めも種類が豊富ですね。その中のアンファー,ピュール,花王を比較してみました。染まりやすさに注目して検証した結果をお伝えします。さあ、使うならどれ?
白髪染めなのに洗わない!?モー二ング・レフィーネとは
白髪染めといえば使用後に洗い流すことが必要ですが、一時染め用でも無いのに洗わない白髪染めが存在します。朝専用と大々的にアピールしているその名も「モー二ング・レフィーネ」とは一体どんな商品なのでしょうか、調べてみました。
保存ができて繰り返し使える白髪染めがおすすめ!
白髪染めが余ってもったいないと思った経験はないですか?白髪の量や長さなどは人それぞれ違うので、必要な白髪染めの量も違ってきます。基本、白髪染めは使いきりとされているので、残りはサヨナラ・・・。保存ができて繰り返し使える白髪染めを調べてみました。
タオルに色落ちしない白髪染めってあるの?
白髪染め後に気になるのはタオルや枕カバーなどへの色移り。しっかりすすいだつもりでも汚してしまうことがあります。タオルに色落ちしてしまうのは白髪染めがいしっかり定着してない証拠。色落ちしない白髪染めについて調べてみました。
お風呂場を汚さない白髪染めはある?
十分注意してるつもりでも、お風呂場の壁や床に白髪染めが付着するとがあります。すぐ洗い流せば取れますが、時間が経つにつれて取れにくくなり、家族に見つかればクレームの嵐〜。お風呂場を汚す心配のない白髪染めはあるのでしょうか?
何が違う? よく染まって長持ちする白髪染めとは
白髪染めはよく染まって色が長持ちしてくれるほど良いですよね。白髪染めはヘアカラー剤によって染まり方に違いがあります。ではよく染まる白髪染めとは?知っておきたいヘアカラー剤の種類と染まり方の違いについて、詳しく見てみましょう。
市販の白髪染めでOK! 白髪を明るい色に染めたいなら
白髪染めをすると暗く重い印象の髪色になりがちですが、できれば華やかで明るい印象の髪色に染めたいですよね?白髪を明るく染めるためのヘアカラー剤の選び方や染め方をご紹介します。
上手に白髪を染めるコツ
鏡を見ながら自分で白髪を染めるのって、けっこう難しいですよね? とくに頭頂部や後頭部は見えにくくて塗りにくいし、最終的には感に頼るしかありません。白髪染め初心者の方はもちろん、自宅でのセルフカラーリングが苦手な方でもできる、上手に白髪を染めるコツをご紹介します。
実際に使いたい!女性に人気の白髪染めをお得に試す方法
白髪を染めたいけど、どれにしようか迷っちゃう・・・(困) って経験ありませんか? 初心者の方はもちろん、経験者だって新商品が出ると悩みます。白髪染めは実際に使ってみないと合うかどうかわからないのですよね? 気になる白髪染めをお得に試す方法を調べました。
選ばれる理由は?今人気の女性用白髪染め特徴
数多くの女性用白髪染めの中には、口コミなどで評価の高く人気のものがあります。美意識の高い世の女性たちを惹きつける理由とは?今人気の女性用白髪染めの特徴を調べてみました。
分け目や生え際のリタッチに使いやすい白髪染めのタイプ
どんなに白髪をしっかり染めても、3週間ほどで髪が伸び、根元の白髪が気になるようになります。そんな伸びてきた分け目や生え際の白髪だけを部分的に染める、リタッチに使いやすい白髪染めをご紹介します。
泡・ムースタイプの白髪染めは染まりにくい?
扱いやすく初心者でも染めやすいと人気の泡・ムースタイプの白髪染めですが、染まりにくいと聞いたことはありませんか?実はコレ、見た目の錯覚にちょっとした原因があるんです。きれいに染めるコツをご紹介!
ついに白髪染めが頭皮環境まで整えるって本当!?
女性が白髪染めに求めるものは美髪に染まるものや色持ちが良いもの。さらに、育毛に着目した白髪染めまで出現!本当に白髪も染めて育毛までできるのでしょうか?
新色!人気のアッシュカラーの白髪染めがおすすめ
アッシュカラーは、髪に透明感が出て外国人風に仕上がるとおしゃれ染めの中でも根強い人気があります。最近、そんなアッシュ系カラーの白髪染めが増えているのをご存知ですか?赤みを抑えて柔らかな雰囲気が出るアッシュカラーの白髪染めについて調べてみました

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧