白髪染めによるアレルギー反応について

放っておくと危険!知らなかったじゃ済まされない白髪染めでおきるアレルギー症状

白髪染めを使用中に頭皮がヒリヒリしたり、チクチクするような痛みを感じたことはありませんか?

 

その他にも赤みやかぶれなど、頭皮を中心に皮膚トラブルを起こした経験は?

 

そういった症状が出る場合、白髪染めに使われている薬剤にアレルギー反応を起こしている可能性があります。

 

その中でも、白髪をしっかり染めるために使われている酸化染毛剤に対してアレルギー反応を起こす人が多く、約70%がジアミン系の化学物質に反応するといわれています。

 

重い症状になると呼吸困難や心不全など命にかかわる場合もあるので、白髪染めだと甘く考えずにアレルギー反応に対してもっと危機感を持つべきです。

皮膚に異常が出たらすぐに使用を中止して皮膚科の診察を受けましょう

消費者庁に寄せられた染毛剤による皮膚トラブルの相談件数は2010年度以降の約5年間で千件を超え、そのうち約170件が1ヶ月以上の重症だったという報告があります。

 

白髪をそのままにしておくわけにはいかないですが、せっかく染めても頭皮や肌にトラブルが起きてしまったら全てが台無し。(泣)

 

白髪染めアレルギーを甘く見ては危険です!

 

消費者安全調査委員会が行った調査でも、白髪染めを使う消費者側もアレルギー反応についてしっかりとした知識が必要だなと感じらされる報告があります。

 

それは、一度何らかの症状が出たことのある者が使い続けると、さらにアレルギー症状を重症化させやすいということを消費者のほとんどが知らないというもの。

 

また、これまでアレルギー症状が出ていなかった人に突然症状が出る場合もあるそうで、誰に起きても不思議じゃないことを考えらされます。

 

アレルギー反応が出ないかを調べるため使用前にパッチテストを行いますよね? その段階でアレルギー反応があった場合はもちろん使用してはいけませんが、パッチテストで問題がなくても白髪染めを使用中に頭皮がチクチクしたり赤みやかぶれなどが起きることがあります。

 

その場合はすぐに使用を中止して皮膚科医の診断を受けてください。自己判断で適切な処置が遅れると症状がますます悪化して、完治するまでに時間がかかってしまいますよ。

白髪染めアレルギーの方にはノンジアミンのヘアカラートリートメントがおすすめ

白髪染めでアレルギー反応を起こしてしまった場合、白髪染めがこれから先全く使えなくなるというわけではありませんが、使える白髪染めにどうしても制限がでます。

 

全てのアレルギーに対して詳しいわけではないですが、ジアミンによるアレルギー反応の場合、ノンジアミンの白髪染めを使えば白髪を染めることができます。

 

 

ノンジアミンやジアミンフリーとされる白髪染めは4種類で、カラートリートメントやヘアマニキュア、ヘナカラー、お歯黒式の白髪染めがあります。この中でもヘアカラートリートメントは染めるのが簡単で髪や地肌にやさしいと評判のようです。

 

どのような商品が人気かネットで調べたところ、染まりの良い「ルプルプ」や「利尻へアカラートリートメント」、敏感肌やアトピーの方に選ばれている「くろめヘアカラートリートメント」などが現在注目されています。

 

ヘアカラートリートメントはいつもの洗髪の際に使うトリートメントの使い方とほぼ同じで、髪や地肌に優しい成分を使っているものが多く、トリートメント効果で髪の補修やツヤ、まとまりのある染めあがりになるのが特徴です。

 

アレルギー反応が出てないなくても、敏感肌の方やできるだけ髪や頭皮に負担がないものを好まれている方などにも広く使われています。

 

白髪をそのままにしておくわけにはいかないですし、かといってアレルギー症状はゴメンです。白髪染めアレルギーの方は皮膚科医に相談したうえで白髪染め選びを慎重に行ってください。

気をつけて!使うたびに重症化する白髪染めアレルギー関連ページ

白髪染めで抜け毛が増える!?洗いすぎは厳禁!
白髪染めをしまくって、さらにシャンプーをしていると髪が薄くなって抜け毛が増えることもありますよ!洗いすぎは厳禁。一度で長持ちする白髪染めを使いましょう!
白髪染めデビューはいつ?白髪が気になる年齢とは
歳を重ねると自然と白髪が出始めるけど、これって年齢的に早いの?遅いの?どれぐらい白髪が増えれば染めればいいの? 白髪が気になりだすタイミングついて調べてみました。
白髪染めで起きるアレルギー反応とその原因とは
白髪染めによるアレルギー反応は、体質やその日の体調によっても突然発症する可能性があります。毎回白髪染めを使う前に必ず行うパッチテストには重要な意味があるというわけです。白髪染めによるアレルギー症状について調べてみました。
助けて!白髪染めで髪が緑色になる原因と対処方法
白髪染めで髪が緑になるなんて想像もつきませんが、実際に体験されている方は多く、この現象にはちゃんとした理由があるのです。慌てて染めなおしても変色が改善されない原因とその対処方法とは
アレルギーでも使えるノンジアミンの白髪染めって何?
白髪染めを使って、頭皮がかぶれたり、かゆみ、湿疹などのアレルギー症状が出た場合、それはジアミン系化合物に対するアレルギーの可能性高いです。安心して使うことができるノンジアミンの白髪染めを選びましょう。
白髪染めを繰り返し使っても大丈夫?理想の使用頻度とは
白髪染めで髪のゴワつきやパサつきを感じることがあります。それは髪や頭皮に負担がかかっている証拠!そんな白髪染めを繰り返し使っても問題はないのでしょうか? 髪や頭皮に理想的な白髪染めの使用頻度について調べてみました。
妊娠中の白髪染めは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?
妊娠さんの体は大事な赤ちゃんを守るためにとってもデリケート。妊娠中は食べるものや使うものにも気をつけなければならなりません。妊娠中に白髪染めを使用することは可能なのでしょうか?お腹の赤ちゃんへの影響は?気になる妊娠中の白髪染めのについて調べてみました。
白髪染めをすると髪がパサパサ、ゴワゴワ・・・なぜ?
白髪染め後に髪のパサつきやゴワつきを感じたことはありませんか?それは、白髪染めによって髪が傷んでしまった証拠です。白髪が染まっても髪が傷んでしまっては元も子もありませんよね。どうして白髪染めをすると髪が傷んでしまうのでしょう?その原因を見てみましょう。
妊娠中の白髪染めは自宅でする?美容院でする?
白髪に対するストレスは妊婦さんにとっても大敵です。キレイなお母さんであるために白髪を染めたいけど、お腹の赤ちゃんへの影響が心配ですよね。もし白髪を染めるなら、市販されている白髪染めを使って自宅で染める?それとも美容院で染めてもらう?どっちがベストなのでしょう。
100均のダイソーで買えるヘナの白髪染めって大丈夫?
生活用品のありとあらゆるがもの100円で買えるダイソーですが、白髪染めのヘナがあるのを知っていますか?今そのダイソーのヘナが好評価を得ています。気になる商品の品質や実力はどのようなものなのでしょうか。
ブリーチで落ちてしまった白髪を染め直す方法
ブリーチのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
シャンプーで落ちてしまった白髪を染め直す方法
シャンプーのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
髪や頭皮を傷めたくない!どう白髪を染めればいい?
白髪はなんとかしたいけど、心配なのは髪や頭皮のダメージですよね?白髪をせっかく染めても髪がパサパサ、ゴワゴワになってしまっては台無しです。髪や頭皮を傷めずに白髪を染めるためには、美容院へ行くのがベストなのでしょうか?自宅でも安心して染められる白髪染めとは?おさえておきたいポイントをご紹介します。
髪への負担軽減!伸びた白髪だけを染めるリタッチ
髪が伸びるとともに白髪が少しずつ目立つようになります。とくに髪の分け目や生え際は、人目につきやすいので何とかしたいですよね。そんな時は、伸びた白髪部分だけを染めるリタッチがおすすめです。部分染めなので他の髪への負担が少なく済みます。
抜け毛に悩む女性増加!白髪染めは何を選ぶ?
女性でも白髪の悩みだけでなく、同時に抜け毛や薄毛の悩みを持つ方がいます。できるだけ髪や頭皮に負担をかけずに白髪を染めるにはどうすればいいのでしょう? 抜け毛や薄毛の悩みを持つ女性に向いている白髪染めとは?
混ぜるな危険!異なる白髪染めで変色の可能性
白髪を染めたら髪が緑色に染まっちゃった!って話を聞いたことはありませんか? これは白髪染に使われている薬品同士が化学反応を起こすことが原因です。未然に防ぐ方法や対処法はあるのでしょうか?
アレもコレも叶えて欲しい!女性が白髪染めに求めるもの
女性にとって白髪は大敵!エイジングケアに白髪染めは必須アイテムですが、ただ白髪が染まるだけでは満足できません。髪の悩みが尽きない女性だからこそ求める白髪染めとはどのようなものでしょう?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧