白髪染めが染まりにくく色落ちやすい原因

白髪染めがしっかり染まらないと色落ちが加速!染まりにくい原因とは

白髪染めはドラッグストアやスーパーで気軽に購入することができて、ネットや通販でもさまざまな商品が取り扱われています。

 

白髪染めを探している方にとっては、どれにしようか悩むぐらいとてもたくさんの種類がありますよね。

 

カラーバリエーションも豊富で暗く染まるものから明るい髪色に染まるものまで揃っています。

 

最近では、ただ白髪を染めるだけではなく、髪や頭皮をいたわりながら艶や潤いを与え補修してくれる効果があるものまで、多種多様なニーズに合わせた商品が増え、白髪染めもどんどん進化しているのがわかります。

 

白髪を染めるこちら側のわがままに、大人の対応をしてくれているのですね。(笑) 

 

それなのに、商品のレビューを見ると「染まらない・・・」、「思った髪色にならない・・・」という書き込みを見かけます。白髪染めはどれも染まりやすく作られていて、新しいものほどよりしっかり染まるようにできているはずなのに、なぜこんな体験談が出るんでしょう? 
なんだかおかしいと思いませんか?

白髪染めが染まリにくいのには原因があった! 問題は選び方や使用方法

そもそも、白髪染めには種類があります。1度でしっかり染まるタイプの白髪染めはヘアカラー(永久染毛剤)に分類されるもので、毛髪の内部まで色素を浸透させて着色するから、白髪をしっかり染めるだけではなく染めあがりの効果も長持ちします。

 

その他、ヘアマニキュアなどの髪や頭皮にやさしく髪の表面に着色させるタイプのものや、最近人気のヘアカラートリートメントのような使うたびに除々に染まるタイプの白髪染めは半永久染毛剤に分類されていて、ヘアカラーに比べると色落ちしやすいですが、繰り返し使っても髪や頭皮への負担は少なく、ヘアカラー後に併用して使うことで染めあがりの髪色をキープできます。

 

また、マスカラ状やペン状になったタイプの白髪かくしは、一時染毛料に分類されるためシャンプーすることで色が洗い流されてしまいますが、一時的に白髪を簡単に隠すことができてとても便利です。

 

一言に白髪染めといってもそれぞれ特徴が違って染まり方や色持ちに差があるということです。

 

白髪が染まらないと悩んでいる方は、実は求めているものとは違うタイプの白髪染めを使っていたり、髪質や白髪の量にあった使い方ができていないのかもしれません。

 

さらに、普段使っているシャンプーが白髪染めの浸透を阻害している可能性もあります。

 

自分に合った白髪染め選びができているか、染め方に間違いはないか、一度確認することをおすすめします。

白髪が染まりにくい原因として考えられるもの中に心あたりはないですか?

白髪が染まりにくいと感じているあなた!次のうちのどれかに当てはまっていませんか?

 

 

現在使用している白髪染めのタイプやその特徴を理解していない

 

     → 白髪染めは大きく4つに分類されています。最も染まりやすく色落ちしにくいと
       されているのはヘアカラー(永久染毛剤)に分類されるタイプの白髪染めです。

 

 

自分の髪質や白髪の量を知らない

 

     → 髪質が太く硬いと染まりにくいことがあります。白髪染めを塗った後、放置時間
       を指定時間より5〜10分長くすることでしっかり着色させることができます。

 

 

白髪の量に対して使用する白髪染めの量が少ない

 

     → 白髪染めの量が少ないと染め上がりが薄くムラができることがあります。
       しっかりと白髪部分に染毛料が密着できるようにたっぷりと使用しましょう。

 

 

白髪染めを使用する場所の室温が低い

 

     → 白髪染めは室温が低すぎると染毛料の反応が悪くなり、染まりにくくなってしま
       います。室温20〜30度の間で使用しましょう。

 

 

使っているシャンプーにシリコンが配合されている

 

     → キューティクルをコーティングし、シャンプーの摩擦から髪を守って指どうりを
       良くする目的で配合されているシリコンですが、そのコーティング力の高さから
       白髪染めの浸透を阻害してしまい、しっかり着色できないことがあります。

 

 

 

髪質や白髪の量、白髪染めの特徴、白髪染めの使用方法、白髪を染める前に使ったシャンプーなどを把握して見直すことで、染まりにくさから解消されることもあります。色落ちを防ぐためにもしっかり染めることのできる自分に合った白髪染めを選びましょう。

白髪染めが染まりにくいほど色落ちしやすくなります関連ページ

知らなきゃ損!タイプ別白髪染めの特徴とベストな使い方
白髪染めにはいくつかのタイプがあり、それぞれの特徴に合わせて上手に使い分けることで、髪や頭皮に負担を少なく白髪をきれいに染めることができます。まずは、白髪染めのタイプと賢い使用方法について学んでいきましょう。
あなたにぴったりなタイプはどれ?白髪染めの種類と特徴
「白髪」とひとことに言っても、量や長さに個人差があります。そして、白髪をどのように染めたいかにも人それぞれ考えが方違いますよね?自分の目的に合った白髪染めを選ぶためにも、白髪染めの種類とそれぞれの特徴について知ておきましょう。
白髪染めとヘアカラーとは何がどう違うの?
髪の色を変えるために一般的に行われているのが「ヘアカラー」ですが、白髪を染めるものが「白髪染め」と分けられているのにはどのような理由があるのでしょうか?白髪染めとヘアカラーとの違いを知って上手に選び使いこなしましょう。
髪色長持ち!白髪をしっかり染めるための4つの条件
白髪をしっかり染めるためには、白髪染め選びだけではなく、使い方や使う環境も重要なポイントになってきます。しっかり白髪を染めることは色落ちを防いで髪色を長持ちさせる効果もあります。ただ白髪を染めるのではなく、4つの条件をしっかりおさえて、染め上がりの効果をキープさせましょう。
自宅での白髪染めにあると便利なお役立ちアイテム
市販されているほとんどの白髪染めには、コーム、ケープ、ビニール手袋など、白髪染めの際に必要なアイテムが付属しています。もちろん大変役立つのですが、それ以外にもあると便利で染めやすくなるアイテムをご紹介します。
美容院のヘアカラーと市販のヘアカラーの違いは?
市販の白髪染めはより美髪に染まるよう改良され、自宅でも簡単に扱えるものが増えています。ただ、美容院で白髪を染めると仕上がりが断然いいですよね?髪のプロと素人の違いはもちろんありますが、使っている白髪染めそのものにも違いがあるのでしょうか?
そもそも落ちない白髪染めは存在する?
白髪染めの悩みの1つに色落ちがあります。染めたてのキレイな髪色をできるだけ長持ちさせたいところですが、染め方や染めた後のケアによっては色落ちを加速させてしまうことも。そもそも色落ちしない白髪染めはないのでしょうか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧