髪を傷めずに白髪を染める方法

ダメージが心配!髪や頭皮を傷めない白髪染めはないの?

白髪染めといえば・・・

「白髪を染める代償として髪が傷んでしまうのは仕方がない。」「白髪をしっかり染めるために強い薬品を使っていてあたりまえ。」

 

などといった髪や頭皮への負担が大きいイメージがありませんか?

 

それは過去の話であって、現在主流となっているのは「よく染まって髪や体にやさしい」白髪染めです。

 

それだけ「染まりやすさ」や「髪が傷まない」ものを求める声が多くあるということですよね。もちろん私も白髪が染まっても髪がボロボロになったり、地肌がトラブルだらけになってしまうのは絶対に嫌です。

 

そこで髪や頭皮を傷めずに白髪を染めたい場合、重要なポイントになるのが白髪染め選びです。さまざまなタイプの白髪染めの中から自分に合うものを選ぶために注意すべきこととは?

市販の白髪染めを使って自宅で染めたら髪が傷む?

白髪染めには、これまでのクリームタイプや液体タイプ以外にも手軽に染めやすい泡タイプやシャンプー・トリートメントタイプなど、扱いやすく髪への負担を軽減した白髪染めが豊富になり、以前に比べて髪を美髪に染め上げてくれるものが増えています。

 

その中でも髪のキューティクルを破壊しないシャンプー・トリートメントタイプの白髪染めが髪を傷めずに手軽に白髪を染めることができます。

 

シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めは、洗髪の際に通常のシャンプーやトリートメントと同じように使うだけで少しずつ髪を着色し白髪を目立たせなくするのが特徴です。一般的な白髪染めと違い薬品で無理にキューティクルを開いて着色するのではなく、髪の表面を染料でコーティングしていく方法なので髪への負担がありません。

 

またトリートメントタイプは植物由来の天然の成分で作られているものが多く、髪の補修や保湿効果が高い美容成分も配合されているので美髪に仕上がると女性に大変人気があります。

 

ただし、シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めは使うたびに除々に白髪を着色するため1度では染まりません。しっかりと着色するためには5日〜1週間程度続けて使う必要があります。また、染まり具合が浅いため色落ちが早いというデメリットも。 1度で白髪をしっかり染めたいという方には、やはり髪の内部まで染料が浸透する白髪染めがおすすめです。

美容院で白髪染めをプロに任せたら髪が傷まない?

答えはNO!

 

白髪を染める仕組みそのものは美容院で染めても自宅で染め手も同じです。つまり、美容院で白髪を染めても髪はダメージを受けるということ。

 

もちろん、髪のプロに白髪を染めてもらうのと素人の自分がやったのとでは、比べ物にならないくらい全く仕上がりが違います。

 

手触りも柔らかくパサつかないですし、白髪なんてもともと無かったかのようにキレイでツヤツヤの美髪になります。

 

仕上がりだけで判断すると美容院で染めてもらう方が髪を傷めない印象ではありますが、これは髪にダメージがないのではなく美容院ならではのプロのテクニックがあるからこその仕上がり。
個人個人の髪の状態に合わせて染料の調合や染め方を工夫し、トリートメントなどのヘアケアテクニックで髪のダメージを誤魔化すのが上手ともいえますね。

 

髪の内部まで1度で染まる市販のヘアカラー(永久染毛剤)を使って自宅で染める場合でも、染める前と後をしっかりケアすれば髪や頭皮への負担を十分軽減できます。 最も大事なのは染めた後のヘアケアです。

 

白髪染め後は、髪のキューティクルが開いた状態がしばらく続くため、内部の染料や水分が流れ出やすくなりパサツキやゴワツキを感じます。そのため、キューティクルを閉じ水分が蒸発しないように補修効果の高いトリートメントでしっかりヘアケアを行うことが大事になります。

 

色落ちを防ぐためにも洗髪の際は水に接する時間を短くすることもポイント。洗い流さないタイプのトリートメントを使うなど、髪の保護と保湿を心がけましょう。

髪や頭皮を傷めたくない!どう白髪を染めればいい?関連ページ

白髪染めで抜け毛が増える!?洗いすぎは厳禁!
白髪染めをしまくって、さらにシャンプーをしていると髪が薄くなって抜け毛が増えることもありますよ!洗いすぎは厳禁。一度で長持ちする白髪染めを使いましょう!
白髪染めデビューはいつ?白髪が気になる年齢とは
歳を重ねると自然と白髪が出始めるけど、これって年齢的に早いの?遅いの?どれぐらい白髪が増えれば染めればいいの? 白髪が気になりだすタイミングついて調べてみました。
白髪染めで起きるアレルギー反応とその原因とは
白髪染めによるアレルギー反応は、体質やその日の体調によっても突然発症する可能性があります。毎回白髪染めを使う前に必ず行うパッチテストには重要な意味があるというわけです。白髪染めによるアレルギー症状について調べてみました。
助けて!白髪染めで髪が緑色になる原因と対処方法
白髪染めで髪が緑になるなんて想像もつきませんが、実際に体験されている方は多く、この現象にはちゃんとした理由があるのです。慌てて染めなおしても変色が改善されない原因とその対処方法とは
アレルギーでも使えるノンジアミンの白髪染めって何?
白髪染めを使って、頭皮がかぶれたり、かゆみ、湿疹などのアレルギー症状が出た場合、それはジアミン系化合物に対するアレルギーの可能性高いです。安心して使うことができるノンジアミンの白髪染めを選びましょう。
白髪染めを繰り返し使っても大丈夫?理想の使用頻度とは
白髪染めで髪のゴワつきやパサつきを感じることがあります。それは髪や頭皮に負担がかかっている証拠!そんな白髪染めを繰り返し使っても問題はないのでしょうか? 髪や頭皮に理想的な白髪染めの使用頻度について調べてみました。
妊娠中の白髪染めは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?
妊娠さんの体は大事な赤ちゃんを守るためにとってもデリケート。妊娠中は食べるものや使うものにも気をつけなければならなりません。妊娠中に白髪染めを使用することは可能なのでしょうか?お腹の赤ちゃんへの影響は?気になる妊娠中の白髪染めのについて調べてみました。
白髪染めをすると髪がパサパサ、ゴワゴワ・・・なぜ?
白髪染め後に髪のパサつきやゴワつきを感じたことはありませんか?それは、白髪染めによって髪が傷んでしまった証拠です。白髪が染まっても髪が傷んでしまっては元も子もありませんよね。どうして白髪染めをすると髪が傷んでしまうのでしょう?その原因を見てみましょう。
妊娠中の白髪染めは自宅でする?美容院でする?
白髪に対するストレスは妊婦さんにとっても大敵です。キレイなお母さんであるために白髪を染めたいけど、お腹の赤ちゃんへの影響が心配ですよね。もし白髪を染めるなら、市販されている白髪染めを使って自宅で染める?それとも美容院で染めてもらう?どっちがベストなのでしょう。
100均のダイソーで買えるヘナの白髪染めって大丈夫?
生活用品のありとあらゆるがもの100円で買えるダイソーですが、白髪染めのヘナがあるのを知っていますか?今そのダイソーのヘナが好評価を得ています。気になる商品の品質や実力はどのようなものなのでしょうか。
ブリーチで落ちてしまった白髪を染め直す方法
ブリーチのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
シャンプーで落ちてしまった白髪を染め直す方法
シャンプーのせいで白髪が落ちてしまった場合、それを綺麗に戻すにはどうすればいいのか?伸びてきた白髪を再び染める方法とは
気をつけて!使うたびに重症化する白髪染めアレルギー
白髪染め前に必ずパッチテストを行っていますか?ヘアカラーや白髪染めをすることで起きるアレルギー反応について、消費者安全調査委員会から気になる内容が発表されました。アレルギー反応について知っておくべきこととは。
髪への負担軽減!伸びた白髪だけを染めるリタッチ
髪が伸びるとともに白髪が少しずつ目立つようになります。とくに髪の分け目や生え際は、人目につきやすいので何とかしたいですよね。そんな時は、伸びた白髪部分だけを染めるリタッチがおすすめです。部分染めなので他の髪への負担が少なく済みます。
抜け毛に悩む女性増加!白髪染めは何を選ぶ?
女性でも白髪の悩みだけでなく、同時に抜け毛や薄毛の悩みを持つ方がいます。できるだけ髪や頭皮に負担をかけずに白髪を染めるにはどうすればいいのでしょう? 抜け毛や薄毛の悩みを持つ女性に向いている白髪染めとは?
混ぜるな危険!異なる白髪染めで変色の可能性
白髪を染めたら髪が緑色に染まっちゃった!って話を聞いたことはありませんか? これは白髪染に使われている薬品同士が化学反応を起こすことが原因です。未然に防ぐ方法や対処法はあるのでしょうか?
アレもコレも叶えて欲しい!女性が白髪染めに求めるもの
女性にとって白髪は大敵!エイジングケアに白髪染めは必須アイテムですが、ただ白髪が染まるだけでは満足できません。髪の悩みが尽きない女性だからこそ求める白髪染めとはどのようなものでしょう?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧