色落ちしにくい白髪染め選び

白髪染めを長持ちさせるにはしっかり染まる白髪染め選びとヘアケアが重要!

白髪染めと一言にいっても1度でしっかり染まるものもあれば、使うたびに徐々に染まるもの、一時的に染まるものまでいろいろなタイプがあます。

 

それぞれ、染めあがりの効果が長持ちするもの、色落ちしにくいもの、簡単に染められるもの、自然な染めあがりになるものなど特徴もさまざまです。

 

 

白髪染めは種類が豊富でどれにしようか迷いますが、髪質や白髪の量、どのように染めたいのか把握したうえで自分に合った染め方、染まり方のものを選ぶ必要があります。

 

白髪はただ染まればいいというわけではありませんよね? しっかり染まるものでないとすぐに色あせてしまい白髪が浮き出てしまいます。そうなるとまた染め直さなければならない・・・ 

 

この魔のスパイラルに悩まれている方は実際に多いようで、私も経験した一人です。(苦笑) 

 

白髪を染めるたびに時間や費用がかかるわけで、染める頻度が多くなれば髪や頭皮への負担も心配です。歳のせいかハゲるんじゃないかと不安にもなりました。白髪染めの回数は少なければ少ないほどいいと思っています。

 

また、傷んだ髪は染まりやすいですが、色素が抜けやすくもなっています。白髪染めに何を使ったかどうかに限らず、染めた後のヘアケア方法によっても色持ちが違ってきますので、使っているシャンプーやトリートメント、洗髪の仕方、生活リズムや食生活などを見直してみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ改善できることは取り入れてみましょう。健康な髪を保つことも白髪染めの効果を長持ちさせるためにはとても大切なのです。

市販の白髪染めも髪や頭皮に優しく、美容院で染めたような仕上がりに近づいている今日この頃ですが、明るい髪色に染まる白髪染めを求める大人女性のニーズは高まるばかり。

 

ブラックやブラウンだけでなくカラーバリエーションか豊富になった白髪染めですが、最近ではアッシュ系のカラーが増えています。

 

おしゃれ染めと同様に、白髪染めでも好みのカラーを楽しめる時代がやってきましたね。

 

そもそも、アッシュとは灰色を意味する言葉で、ヘアカラーの中でも外国人風の柔らかで透明感のある髪色に仕上がると大変人気があるカラーです。

 

おしゃれ染めでは根強い人気のあるアッシュカラーですが、白髪染めとしての実力はどうなのでしょうか?

続きを読む≫ 2017/09/20 16:46:20

女性が求める理想の白髪染めといえば、髪や頭皮に優しく誰でも簡単に扱えてしっかり染まるものですよね。

 

そんな中、ここ最近「頭皮ケア」「育毛」といったキーワードの白髪染めが増えつつあるのをご存知ですか?

 

たしかに、白髪が生え始める年代の髪はハリツヤが無くなったり、抜け毛や薄毛といったトラブルも同時に起き始めます。

 

ツヤのある健康的な黒髪を育て、髪1本1本を元気にするには土台となる頭皮がまず健康でなければなりません。白髪を染めると同時に頭皮ケアまでできるのはとってもありがたいですよね。

 

頭皮環境を整え健康な髪を育てる白髪染めとはいったいどのようなものなのでしょう? 
しっかり白髪は染まるのでしょうか? 気になるその実力とは?

続きを読む≫ 2017/08/30 11:05:30

ワンプッシュで使える泡・ムースタイプの白髪染めは、スタイリング感覚で扱えることから白髪染め初心者や髪の長い方に人気があります。

 

髪全体に揉み込むことで隠れ白髪や見えにくい後頭部をムラなく染めることができますが、「 染まりにくい 」という口コミを見かけるのはなぜでしょう?

 

ポイントは、泡の見た目につい騙されてしまう塗布量です。

 

さらに、使用量の説明にもある「 たっぷり 」という言葉が個人によってそれぞれ受け止め方が違うため、必要な塗布量と実際の塗布量に差ができてしまい思っていた染めあがりにならないことも。

 

理想の染めあがりになるためにもポイントをしっかりおさえて、簡単で染めやすい泡・ムースタイプの白髪染めを上手に使いこなしましょう。

続きを読む≫ 2017/04/24 11:04:24

いつもは美容院で白髪染めをしているけど、リタッチは自宅でしているという方も多いのではないでしょうか。

 

伸びてくる白髪に合わせて美容院へ行くのは大変ですし、部分染めでもそこそこ費用がかかります。(泣)

 

かといって次に白髪を染めるまでの間、ずっと憂鬱に過ごしたくはないですからね。

 

どれだけしっかり白髪染めをしても、3週間ほど経つと伸びてきた分け目や生え際の白髪が気になるようになります。そんな時にリタッチしやすい白髪染めがあると重宝しますよ。

 

リタッチは全体染めではなく伸びてきた白髪だけを染める部分染めなので、カラーリングによる髪の傷みを軽減するメリットもありますからね。

 

そこで、今回は伸びてきた白髪のリタッチに使いやすい白髪染めについて、どのような白髪染めが使いやすく染めやすいのかご紹介します。

続きを読む≫ 2015/12/10 15:23:10

髪型やヘアカラーは、個性豊かにおしゃれを楽しむ女性にとって必須アイテムですよね。でも、髪への負担が大なり小なりあるわけで、髪の悩みがいつも付いてまわります。

 

とくに年齢を重ねるとともに増える白髪の悩みはかなりの強敵! 残念ながらこの老化現象は誰にも止められません。(泣)

 

そこでお世話になるのが白髪染めですが、近年さらに進化したものが増えています。

 

女性のわがままに応えるべく種類やカラーバリエーションが豊富に改良され、スーパーやドラッグストアなどの白髪染めコーナーにはどれを使おうか悩んでしまうほど商品がずらっと並べられています。

 

また、ネットでは化粧品メーカーやヘアケア専門店などが独自に開発した白髪染めがたくさんあり、髪のエイジングケア商品として注目されています。

 

白髪をただ黒く染めるのでは満足しなくなった現代の女性が白髪染めに求めるものとは?
今人気の白髪染めにはどのような特徴があるのかまとめてみました。

続きを読む≫ 2015/12/07 16:28:07

近年、白髪染めがさらに進化して染める手間や時間、香りなどが改良されてとても扱いやすいものが増えています。

 

しっかり染まるのに髪や頭皮への負担が軽減されるなど、ただ白髪を黒く染めるのではなく、美容成分や補修成分の配合で女性の髪の悩みをしっかりカバーしてくる充実ぶり。

 

美意識の高い女性が求める髪のエイジングケアとして注目されています。

 

でも、いざ購入を考えると、その種類の豊富さと各メーカーのパッケージや魅力的な言葉に惑わされてしまって、どれにしようか迷ってしまいまうんですよね〜。(悩)

 

染めやすさ、染まりの良さ、髪や頭皮への優しさ、やはりコストパフォーマンスか・・・ 
などなど、選ぶ基準は人それぞれですが、結局、気になる商品が自分に合うかどうかは実際に使ってみないとわからないわけで。ここは、悩むよりまず試してみましょう!

 

今女性に人気の白髪染めをお得に試す方法をご紹介します。

続きを読む≫ 2015/11/30 14:53:30

扱いやすく染まりやすい白髪染めが増えていますが、自分で染めるとなると苦手意識の高い方がまだまだ多いのではないでしょうか?

 

とくに頭頂部や後頭部は見えにくく染めにくいですからね。(泣)

 

白髪をキレイに染めるためには、髪質に合った白髪染め選びや色選びが重要ですが、染め方によっても仕上がりや色持ちが変わってきます。

 

しっかり染まって髪や頭皮に優しいとされる白髪染めを選んだとしても、使い方が正しくなければ理想の仕上がりにはならず、せっかくの時間と費用がムダになってしまいます。

 

白髪染めの基本である「染毛料をしっかり塗布する」「しっかりすすぐ」「しっかりアフターケアをする」の3つのコツをおさえて、手際よく上手に白髪を染めましょう。

続きを読む≫ 2015/10/01 12:03:01

白髪染めといえば髪色が暗くなってしまうイメージがあります。とくに、これまで明るめにカラーリングされていた方は白髪染めに抵抗があるのではないでしょうか?

 

いかにも「白髪を染めましたぁ。」というバレバレな黒髪にはしたくないし・・・(苦) 

 

せっかく染めるなら明るく華やかでおしゃれな髪色を楽しみたいですよね。

 

ただ、髪を染める目的が同じでも、白髪染めとおしゃれ染めでは使われている薬剤の成分が違うため、白髪をキレイに染めるのはやはり白髪染めになります。おしゃれ染めでは白髪を上手く染めることができません。

 

白髪をしっかりカバーして明るく染めるためにはどうすればいいのでしょう?
理想の髪色に染めるためのポイントとは?

続きを読む≫ 2015/09/08 11:09:08

白髪染めはやはりどれだけ染まってくれるかが重要になりますよね? 

 

欲を言えば「頭皮にやさしい」「美髪になる」など、正直きりが無いですけど・・・

 

どうせ染めるなら良いものを使いたいと思い、口コミやランキングサイトで調べると、おなじみのものや新商品までたくさんの白髪染めを見ることができます。

 

でも、見れば見るほどその評価には個人差があって、結局自分に合うか合わないかは「実際に使ってみないとわからない」という結果に落ち着くんですよね。(笑)
もちろん参考になりますし、勉強にもなりますよ。

 

そういう経験の中で、白髪染め選びに欠かせないと感じているのが使用されている成分をチェックすることです。ひとことに白髪染めといっても、使われているヘアカラー剤には違いがあり、それぞれに染まり方や色持ちの期間が異なります。

 

どのような目的で何が使われているかを知って、自分にピッタリのよく染まる白髪染めを選びましょう。

続きを読む≫ 2015/09/04 11:29:04

白髪を染めるときの悩みの1つが、望まない場所への着色です。とくに染まりやすいのが肌や手、次に浴室や浴槽、そして洋服やタオル・・・。

 

白髪染めそのものが染まりやすく進化してますから、付着後時間が経てばたつほど取れにくい。(泣)

 

もちろん、汚さないための対策として事前に付着予防をしておくととがベストですが、ビニール手袋やケープの装着はまだいいとして、浴室の壁や床の付着予防対策をするのは正直めんどくさいんですよね。

 

かといって、ひと手間かけて白髪を染めたのに、お風呂場の後片付けに時間を取られるのは嫌ですし、家族に見つかれば間違いなくクレームの嵐が吹き荒れますよ。

 

「汚す心配のいらない白髪染めがあると完璧なのになぁ〜」と思うのは私だけ?
そんなわがままに答えてくれる白髪染めはあるのでしょうか。

続きを読む≫ 2015/09/02 22:41:02

これまで自宅で白髪を染めたことのある方はご存知かとお思いますが、白髪染めをする前には色移り防止のためにアレコレ準備が必要です。

 

とくに色が付きやすい手や衣服には手袋やケープを着用したり、洗い流した後に使用するタオルは直接髪に触れるものなので、専用のものや黒っぽい色のものを準備しておく必要があります。

 

そして、薬剤が飛び散らないよう周囲に新聞紙を敷くなどして、髪以外への着色に十分気をつけなければなりません。

 

確かに色移りをしてしまうと落ちにくくて大変ですし、嫌な思いをするのはわかっているのですが、準備する手間がなにかと面倒なんですよね・・・(苦笑) 

 

タオルに色落ちしにくく、色移りしても落ちやすい白髪染めはないのでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/14 13:38:14

白髪の量や長さには個人差があって、全体染めをするのか部分染めをするのかによっても白髪染めの必要な量が変わってきます。

 

例えば、白髪染めの多くは1箱でショートからセミロングの髪の長さまでを染めることができます。

 

でも、ロングの場合は2箱必要になるわけで・・・

 

なかなかピッタリの量とはいかず、どうしても余ったり足らなかったりしてしまいますよね。

 

「もったいない」と必要以上にたっぷり塗ってしまうと、思った髪色に仕上がらなかったり、「少し足りないかも・・・」とあきらめると、染めあがりがムラになってしまったり。
この「あともうちょっと」を解決するのが、残りをとっておけるタイプの白髪染めです。

 

それなら必要なときに必要な量だけ使えるのでムダもないですし、コストだって抑えられますからね。やはりそのまま保存ができて繰り返し使える白髪染めがベストです!

続きを読む≫ 2015/02/24 17:29:24

白髪染めもついにここまできてしまいました・・・なんと、「洗わない白髪染め」が存在!その名も「モーニング・レフィーネ」。洗わなくていいから朝使えるっていうのがポイントで、公式サイトでは「朝専用」とまで大々的にアピールしている商品です。

 

塗るだけ、洗髪不要って白髪染めの常識をくつがえす発想ですよね。(笑)

 

 

クリーム状の染毛剤を付属の専用コームを使って気になるところへ塗る・・・

 

ここまでは従来の白髪染めと同じ使い方ですが、モーニング・レフィーネはここからが違います。

 

なんと、クリームが乾くとベタつきがなくなり、サラサラとした仕上がりになるという驚きの変化が! 

 

白髪染め中では無いかのようにそのまま外出ができてしまう、超時短の白髪染めです。

 

しかも、たったそれだけで使うたびに自然な髪色とツヤができるというからますます驚き!!

続きを読む≫ 2015/02/19 09:16:19

白髪染めを利用している者にとって、もっとも重要なのはしっかり染まるかどうかということ。その次に、髪や地肌にやさしいものを望んでいます。

 

白髪染めあるあるとして、よく染まるものは髪や地肌に与えるダメージが大きく、髪や地肌にやさしいものは染まりにくいという特徴があるとされていますが、これって、両極端のものを白髪染めに求めている事になりますよね。

 

髪の内部まで染まるものは脱色剤を使われてるものが多く、繰り返し使うのには抵抗がありますし、トリートメント効果が高くて髪や頭皮にやさしいトリートメントタイプの白髪染めは、髪の浅い範囲しか染まらない・・・ 

 

ただ今回は、「染まりやすい白髪染め」にテーマを絞って、花王、アンファー、ピュールなどの人気の白髪染めの中で、どの白髪染めが染まりやすいのかを比較検討してみたいと思います。個人的な感想なので、あくまでも参考程度にして下さいね。

続きを読む≫ 2015/01/23 11:55:23

みなさんは白髪染めを購入する際、何を基準に選んでいますか?

 

安さ? 使いやすさ? 色? 染める時間? いろんな考えがあって当然ですが、せっかく染めるのですから髪色が長持ちして色落ちしないものがいいですよね。

 

私が使って納得だったのはヘアボーテの白髪染めです。

 

液体・乳液タイプやクリームタイプ、シャンプー・トリートメントタイプなど、

白髪染めにもさまざまなタイプがありますが、やっぱり使いやすくて染めやすいのは断然泡タイプ。

 

ヘアボーテの白髪染めは空気と接触で発色する濃密な泡が特徴で、しっかりと髪の内部にまで色が浸透するから、きれいに染まるし色落ちもしない優れもの。

 

スタイリング感覚で扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

続きを読む≫ 2015/01/23 11:55:23

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧