傷んだ髪は染まりやすく色落ちしやすい

髪が傷んでいるほど白髪染めが染まりやすい理由とあっという間に色落ちする原因

髪に負担が少なく美髪に染まると人気の白髪染めをたくさん見かけるようになりました。が、実際使ってみた感想は人それぞれ・・・

 

商品の口コミをチェックすると、キレイに染まったと喜んでいる人もいれば、思いどうりに染まらず残念がっている人もいます。

 

同じ商品を使っても染めあがりに違いが出てしまうのは、白髪の量や髪質に個人差があったり、染める時の室温や放置時間によって差が出てしまうことが理由です。

 

その他に、もともとの髪の傷み具合によって仕上がりが違ってくるのをご存知ですか?

 

髪は傷んでいれば傷んでいるほど染まりやすく、そして、髪が傷んでいれば傷んでいるほど白髪染めが色落ちしやすいんです。(泣)

キューティクルが開いている傷んだ髪だからこそ白髪染めが染まりやすい

本来、健康な髪は小さなウロコ状のキューティクルがいく層にも重なり合い、艶やかさや指どうりの滑らかさを生み出しています。

 

キューティクルが密接に重なり合うことで水やブラッシングなどの外部刺激から守り、内部のタンパク質や水分が流失しないよう保護する役目があります。

 

やはり美髪にはキューティクルが整っていることが重要ですね。

 

ただ、カラーリングやパーマを何度となく繰り返した髪や、夏の強い直射日光や紫外線で傷んだ髪は、キューティクルが開いて乱れた状態となり、パサつきやゴワつきといった手触りの悪さや、艶やまとまりが無いなどの見た目の悪さの原因になります。

 

そして、この隙間の多い開いた状態のキューティクルだからこそ白髪染めの染毛料が髪の内部まで浸透しやすく、短時間で染まりやすいという現象が起きるのです。

 

白髪がしっかり染まってくれることは嬉しいですが、思いのほか暗く色が入りすぎてしまい理想の仕上がりにならないことも。今の髪の状態を事前に把握したうえで色選びや放置時間を調整しましょう。

せっかく白髪を染めてもキューティクルが開いたままだと・・・ すぐ色落ちします

キューティクルが開いた状態は白髪染めの染毛料が髪の内部まで浸透しやすく短時間で染まりますが、そのままではあっという間に色落ちしてしまいます!

 

キューティクルが開いたままではせっかく染まった染毛料が再び隙間から流れ出ることに・・・(泣)

 

白髪を染めた後は集中ケアができるトリートメントでキューティクルの補修と保湿をしてあげましょう。開いているキューティクルをしっかり閉じることで染めあがりのキレイな髪色が長持ちしますよ。

 

中でもおすすめなのは洗い流さないタイプのトリートメント♪ 

 

髪は水分を含むと膨張してキューティクルが開きやすく色落ちの原因にもなりやすいので、できるだけ濡れている時間を少なくしてあげることが理想です。

傷んだ髪ほど白髪染めがよく染まる!そして色落ちする!関連ページ

トリートメントをしっかりすれば白髪染めが色あせしない
白髪染めを長持ちさせて落ちなくさせるためにはシャンプーだけではなくトリートメントも大切です。ここでは白髪染めを長持ちさせるトリートメントについて話します。
シャンプーだけではない、白髪染めが色落ちする原因とは
シャンプーも重要だし、白髪染めの染料も大切ですが、それ以外にもちょっとしたことで白髪染めが色落ちしてしまう場合だってあるのです!それはズバリ水質!
落ちやすい白髪染めを使うとすぐ逆プリンになりますよ!
落ちない白髪染めを使うメリットは頭がプリンみたいに二色になってしまうのを避けられることです。上から見るとむらがあって恥ずかしいですよね?
パーマとシャンプーで白髪染めが落ちてしまうのはなぜ?
美容院でパーマをかけると白髪染めも落ちてしまうのはなぜ?白髪染め液の定着期間はどれくらいなのか?せっかく染めたのだからなるべく長持ちさせたいですよね?
白髪を染めてからパーマ?パーマをかけてから白髪染め?
白髪染めとパーマはそれぞれに使う薬剤同士が影響することで、染めた色素が色落ちしてしまったり、パーマがかかりづらかったりすることがあります。白髪染めとパーマを行う間隔や順番には決まりがあるのでしょうか。
カラーリングした当日のシャンプーはなぜNG!?
白髪がキレイに染まった美しい髪色を長持ちさせるには、カラーリング後の正しいヘアケア方法が重要になってきます。とくに洗髪は要注意!普段何気なく行っているケア方法では知らず知らずのうちに色落ちを加速させてしまっているかもしれませんよ。カラーリングした当日のシャンプーはなぜダメなのでしょうか?カラーリングとシャンプーについて見てみましょう。
白髪染めが最も色落ちしやすいのは夏だった!!
梅雨明けとともに強い日差しが降り注ぐ夏本番がやってきますね。お肌の紫外線対策や日焼け予防は万全かと思いますが、夏ならではの髪のダメージもあります。とくにカラーリングの色落ちが最もしやすい季節でもあるので要注意ですよ!夏と色落ちの関係とは?
もう失敗しない! 自宅でキレイに白髪を染める方法
扱いやすく美髪に染まるよう進化を続ける白髪染めですが、市販の白髪染めで「上手く染まらなかった」「失敗した」経験者も多いはず。初心者はなおさら不安ですよね。でも、コレを知れば市販の白髪染めでもキレイに染まります。その失敗しない方法とは。
市販の白髪染めより美容院の白髪染めの方が色落ちしない?
美容師といえば髪のプロであり、美しい髪に仕上げてくれるその技はさすがです。なら、白髪染めも色落ちしない技術を持っている? やはり白髪染めは美容院でするべき? 美容院での白髪染めは色落ちしないのか調べてみました。
夏だけじゃない!今すぐ始めたい髪色を守るUVケア!
白髪染めが色落ちする原因は「水」や「シャンプー」などがありますが、夏だけでなく年中降り注いでいる太陽光の紫外線にも影響を受けることがわかっています。染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるために、肌と同じように髪にも紫外線対策してあげましょう。

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧