上手に染めるコツ

やはり基本が大切!市販の白髪染めを使って白髪を上手に染めるコツ

扱いやすく染まりやすい白髪染めが増えていますが、自分で染めるとなると苦手意識の高い方がまだまだ多いのではないでしょうか?

 

とくに頭頂部や後頭部は見えにくく染めにくいですからね。(泣)

 

白髪をキレイに染めるためには、髪質に合った白髪染め選びや色選びが重要ですが、染め方によっても仕上がりや色持ちが変わってきます。

 

しっかり染まって髪や頭皮に優しいとされる白髪染めを選んだとしても、使い方が正しくなければ理想の仕上がりにはならず、せっかくの時間と費用がムダになってしまいます。

 

白髪染めの基本である「染毛料をしっかり塗布する」「しっかりすすぐ」「しっかりアフターケアをする」の3つのコツをおさえて、手際よく上手に白髪を染めましょう。

苦手な白髪染めがスムーズに!上手に白髪を染めるコツ3つ

手際よく白髪を染めるにはある程度の「慣れ」も必要ですが、ちょっとした事前準備をしておくだけでスムーズに染めることができます。

 

気になる白髪部分を的確に過不足なく染めることができるので、髪や頭皮への負担を少なくする事もできますよ。傷んだ髪は色落ちしやすいのでヘアケアもお忘れなく!

 

 

 

髪全体を5つのブロックに分ける

 

自分の髪とはいえ、鏡を見ながら塗っていくのは意外と難しいです。とくに髪が長いほど扱いにくく染めにくいですよね。さっと髪をとかすことのできるクシ型タイプの白髪染めもありますが、頭頂部や後頭部はやはり見えにくく染めにくいです。

 

髪全体をムラなくキレイに染めるためには、髪全体を5つにブロック分けをしてから染めると作業効率が良くなります。簡単に髪を留められるヘアクリップなどを使って、@Aセンター分けをした頭頂部までの左右、BCセンター分けをした耳上の左右、D後頭部から襟足の5つに分けておきます。

 

それぞれを少しずつ丁寧に、染まりにくい襟足→後頭部→両サイド→前頭部の順に塗布していくと全体がキレイに染まりますよ。

 

 

 

 

しっかりとすすぐ

 

染毛剤を長い時間髪に残しておいた方が染まりが良くなるのでは?という考えは大間違い!放置時間の後はしっかりすすぎを行って下さい。

 

染毛剤が髪の毛に残っていると髪や頭皮に負担がかかり、肌トラブルの原因になりかねません。白髪染めの色が出なくなるまでしっかりとすすぐようにしましょう。

 

また、しっかりと乾かすことで服や寝具への色移りの防止にもなりますよ。

 

 

 

 

トリートメントで色落ち予防

 

白髪染めをした髪はキューティクルがダメージを受けて開いたままになり、髪の内部に浸透していた染毛料が流れ出やすく色落ちをしやすい状態です。

 

この、開いてしまったキューティクルをできるだけ早く正常に戻してくれるのが、髪の集中補修ができるトリートメントです。髪のキューティクルをしっかり閉じ、染毛料の流失を防ぐことで染めあがりの髪色が長持ちします。

 

色が髪になじみ定着するまでには1日〜1週間ほどかかり、せっかく染めても洗髪とともに自ら色あせを加速させてしまっては元も子もありません。白髪染めをしたあとはしっかりとヘアケアしてあげましょう。

 

 

 

 

市販の白髪染めとはいえ、サロン級の仕上がりになると評価の高いものもあります。自宅でできる白髪染めのメリットを最大限に活かして、キレイな髪色を楽しんで下さいね。

上手に白髪を染めるコツ関連ページ

初心者にはヘアボーテ白髪染めが長持ちで最高!
ヘアボーテは、白髪染めの中でも色落ちしにくく、髪に負担の少ない白髪染めです。初心者で、初めに使ってみたいという人にまずおすすめしたい!その秘密ついて説明します。
染まりやすい白髪染めを検証した結果・・・
市販の白髪染めも種類が豊富ですね。その中のアンファー,ピュール,花王を比較してみました。染まりやすさに注目して検証した結果をお伝えします。さあ、使うならどれ?
白髪染めなのに洗わない!?モー二ング・レフィーネとは
白髪染めといえば使用後に洗い流すことが必要ですが、一時染め用でも無いのに洗わない白髪染めが存在します。朝専用と大々的にアピールしているその名も「モー二ング・レフィーネ」とは一体どんな商品なのでしょうか、調べてみました。
保存ができて繰り返し使える白髪染めがおすすめ!
白髪染めが余ってもったいないと思った経験はないですか?白髪の量や長さなどは人それぞれ違うので、必要な白髪染めの量も違ってきます。基本、白髪染めは使いきりとされているので、残りはサヨナラ・・・。保存ができて繰り返し使える白髪染めを調べてみました。
タオルに色落ちしない白髪染めってあるの?
白髪染め後に気になるのはタオルや枕カバーなどへの色移り。しっかりすすいだつもりでも汚してしまうことがあります。タオルに色落ちしてしまうのは白髪染めがいしっかり定着してない証拠。色落ちしない白髪染めについて調べてみました。
お風呂場を汚さない白髪染めはある?
十分注意してるつもりでも、お風呂場の壁や床に白髪染めが付着するとがあります。すぐ洗い流せば取れますが、時間が経つにつれて取れにくくなり、家族に見つかればクレームの嵐〜。お風呂場を汚す心配のない白髪染めはあるのでしょうか?
何が違う? よく染まって長持ちする白髪染めとは
白髪染めはよく染まって色が長持ちしてくれるほど良いですよね。白髪染めはヘアカラー剤によって染まり方に違いがあります。ではよく染まる白髪染めとは?知っておきたいヘアカラー剤の種類と染まり方の違いについて、詳しく見てみましょう。
市販の白髪染めでOK! 白髪を明るい色に染めたいなら
白髪染めをすると暗く重い印象の髪色になりがちですが、できれば華やかで明るい印象の髪色に染めたいですよね?白髪を明るく染めるためのヘアカラー剤の選び方や染め方をご紹介します。
実際に使いたい!女性に人気の白髪染めをお得に試す方法
白髪を染めたいけど、どれにしようか迷っちゃう・・・(困) って経験ありませんか? 初心者の方はもちろん、経験者だって新商品が出ると悩みます。白髪染めは実際に使ってみないと合うかどうかわからないのですよね? 気になる白髪染めをお得に試す方法を調べました。
選ばれる理由は?今人気の女性用白髪染め特徴
数多くの女性用白髪染めの中には、口コミなどで評価の高く人気のものがあります。美意識の高い世の女性たちを惹きつける理由とは?今人気の女性用白髪染めの特徴を調べてみました。
分け目や生え際のリタッチに使いやすい白髪染めのタイプ
どんなに白髪をしっかり染めても、3週間ほどで髪が伸び、根元の白髪が気になるようになります。そんな伸びてきた分け目や生え際の白髪だけを部分的に染める、リタッチに使いやすい白髪染めをご紹介します。
泡・ムースタイプの白髪染めは染まりにくい?
扱いやすく初心者でも染めやすいと人気の泡・ムースタイプの白髪染めですが、染まりにくいと聞いたことはありませんか?実はコレ、見た目の錯覚にちょっとした原因があるんです。きれいに染めるコツをご紹介!
ついに白髪染めが頭皮環境まで整えるって本当!?
女性が白髪染めに求めるものは美髪に染まるものや色持ちが良いもの。さらに、育毛に着目した白髪染めまで出現!本当に白髪も染めて育毛までできるのでしょうか?
新色!人気のアッシュカラーの白髪染めがおすすめ
アッシュカラーは、髪に透明感が出て外国人風に仕上がるとおしゃれ染めの中でも根強い人気があります。最近、そんなアッシュ系カラーの白髪染めが増えているのをご存知ですか?赤みを抑えて柔らかな雰囲気が出るアッシュカラーの白髪染めについて調べてみました

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧