白髪染めが色落ちしやすい夏

夏は白髪染めが一番色落ちしやすい!? 夏ならではの原因と対策で髪色キープ!

夏といえばプールや海水浴、キャンプ、夏祭り、ビアガーデン、など開放的なイベントが多く賑やかで楽しい季節ですね。

 

ただ・・・、とにかく暑いし日差しが強い!
何をするにも汗をかいて体力がもたない! 
など、体調管理にも気をつけなくてはいけない時でもあります。 

 

そして、身体と同じように気をつけたいのが髪の毛です。

 

肌については多くの方が日焼け予防や紫外線対策などをしっかりとされていると思いますが、意外とこれといった対策をされていない無防備な髪は、知らず知らずのうちにダメージを受け続けて傷んでしまうことがあります。

 

傷んだ髪はパサツキやゴワツキの原因になり、色落ちもしやすくなります。
夏だからこそのヘアケアをしっかりと行ってキレイな髪色をキープさせましょう。

夏は強い紫外線で髪のダメージが進む

髪が受ける紫外線の影響は、なんと顔の5倍以上にもなると言われています。考えるだけで恐ろしいですね。

 

シミ、シワなど肌の老化につながるとされる紫外線ですが、髪にはどのような悪影響をおよぼすのでしょう?

 

毛髪が強い紫外線を受けると、主成分であるタンパク質の結合が乱れてしまい、キューティクルが剥がれ枝毛や切れ毛など髪のダメージの原因となってしまいます。

 

ダメージを受けた髪はキューティクルが開いているため、内部に着色した染料が流れ出やすい状態です。つまり、洗髪するたびに色落ちを加速させてしまうことになってしまいます。(泣)
染めあがりの髪色をキープするため、さっそく髪の紫外線対策をとらなくてはいけませんね。

 

夏の強い紫外線から髪を守るためには、外出時に直接日差しを受けないことが大切です。つばが広く通気性の良い帽子をかぶったり、UV効果のある日傘を上手に使用するのがベスト!

 

もっと完璧に髪を紫外線から守るなら、UV効果のあるヘアクリームやオイルを使うのがおすすめです。紫外線によるヘアカラーの褪色を防ぎながら、パサつきも抑えてつややかに仕上がるのでとっても便利。さらに、エアゾールタイプのUVケア商品ならシューっと一吹きで広範囲にスプレーできるので、お出かけ前に手を汚すこともなく簡単に紫外線対策ができますよ。

夏は色落ちの最大の原因である「水」に髪が触れる機会が多くなる

汗をかきやすくシャワーの回数が増える夏は、白髪染めが色落ちしてしまう最大の原因である「水」に接する頻度が多くなります。

 

シャワー以外にも、プールや海水浴などを楽しまれる機会もありますよね。プールの塩素や、海水の塩分なども髪に負担がかかるので要注意です。

 

そもそも毛髪は水分を吸うことで膨らむみ、内部に着色した白髪染めの染料が毛髪組織の隙間をぬって流れ出やすい状態になります。

 

また、洗髪に洗浄力の強いシャンプーを使うと、白髪染めの色落ちをさらに加速させてしまうことも。

 

しかし、水やシャンプーが色落ちの原因だからといって髪を洗わないわけにはいかないですし、色落ちに対して過剰な対応はストレスになって髪にもよくありません。とくに夏は髪や頭皮に汗や汚れが付きやすいですからね。頭皮を健康が美髪を育てる秘訣ですから、できるだけ清潔に保ちたいものです。

 

髪や頭皮を清潔に保ちつつキレイな髪色を長持ちさせるためには、洗髪時にカラーケア用のシャンプーを使って、水に接する時間を短時間で終わらせること。そして、トリ−トメントで髪をしっかり修復し保護することを心がければ十分です。

 

白髪染めを正しく使用したうえで、日頃からのヘアケアに気をつけましょう。

白髪染めが最も色落ちしやすいのは夏だった!!関連ページ

トリートメントをしっかりすれば白髪染めが色あせしない
白髪染めを長持ちさせて落ちなくさせるためにはシャンプーだけではなくトリートメントも大切です。ここでは白髪染めを長持ちさせるトリートメントについて話します。
シャンプーだけではない、白髪染めが色落ちする原因とは
シャンプーも重要だし、白髪染めの染料も大切ですが、それ以外にもちょっとしたことで白髪染めが色落ちしてしまう場合だってあるのです!それはズバリ水質!
落ちやすい白髪染めを使うとすぐ逆プリンになりますよ!
落ちない白髪染めを使うメリットは頭がプリンみたいに二色になってしまうのを避けられることです。上から見るとむらがあって恥ずかしいですよね?
パーマとシャンプーで白髪染めが落ちてしまうのはなぜ?
美容院でパーマをかけると白髪染めも落ちてしまうのはなぜ?白髪染め液の定着期間はどれくらいなのか?せっかく染めたのだからなるべく長持ちさせたいですよね?
白髪を染めてからパーマ?パーマをかけてから白髪染め?
白髪染めとパーマはそれぞれに使う薬剤同士が影響することで、染めた色素が色落ちしてしまったり、パーマがかかりづらかったりすることがあります。白髪染めとパーマを行う間隔や順番には決まりがあるのでしょうか。
カラーリングした当日のシャンプーはなぜNG!?
白髪がキレイに染まった美しい髪色を長持ちさせるには、カラーリング後の正しいヘアケア方法が重要になってきます。とくに洗髪は要注意!普段何気なく行っているケア方法では知らず知らずのうちに色落ちを加速させてしまっているかもしれませんよ。カラーリングした当日のシャンプーはなぜダメなのでしょうか?カラーリングとシャンプーについて見てみましょう。
もう失敗しない! 自宅でキレイに白髪を染める方法
扱いやすく美髪に染まるよう進化を続ける白髪染めですが、市販の白髪染めで「上手く染まらなかった」「失敗した」経験者も多いはず。初心者はなおさら不安ですよね。でも、コレを知れば市販の白髪染めでもキレイに染まります。その失敗しない方法とは。
市販の白髪染めより美容院の白髪染めの方が色落ちしない?
美容師といえば髪のプロであり、美しい髪に仕上げてくれるその技はさすがです。なら、白髪染めも色落ちしない技術を持っている? やはり白髪染めは美容院でするべき? 美容院での白髪染めは色落ちしないのか調べてみました。
夏だけじゃない!今すぐ始めたい髪色を守るUVケア!
白髪染めが色落ちする原因は「水」や「シャンプー」などがありますが、夏だけでなく年中降り注いでいる太陽光の紫外線にも影響を受けることがわかっています。染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせるために、肌と同じように髪にも紫外線対策してあげましょう。
傷んだ髪ほど白髪染めがよく染まる!そして色落ちする!
白髪染めの染まりやすさは商品によっても違いはありますが、髪質によっても違います。ただ、傷んでいる髪は染まりやすく色落ちしやすいのをご存知ですか?

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧