ヘアカラーの色を長持ちさせるシャンプーの仕方

ヘアカラー後の正しいシャンプー法で染め上がりの美しい髪色を長持ちさせよう!

ヘアカラー後の美しい髪色は少しでも長くキープしたいものです。白髪のない艷やかでまとまりのある髪は、若々しさの象徴でもありますからね。

 

髪が若返るだけで見た目年齢がマイナス5歳と言われていますから、すぐ色落ちさせてしまってはもったいない!

 

これ以上時間や費用を無駄にはできません。

 

染めあがりのキレイな髪色を保つためには、ヘアカラー後のヘアケア方法や洗髪の仕方が大切です。「ただなんとなくやっている」場合は要注意! もしかすると、その日頃何気なく行っているヘアケアで色落ちを加速させているかもしれませんよ。

 

とくに洗髪の際に色落ちしやすいとされているので、その原因や対処法を知って1日でも長くキレイな髪色をキープしましょう。今すぐだれでも実践できる、美しい髪色を長持ちさせるための簡単なヘアケア方法やシャンプー法をご紹介します。

なぜヘアカラーが色落ちしてしまうのか? 原因と対処方法とは

ヘアカラーが色落ちする最大の原因は「水」といわれています。

 

髪は水分を吸うことで膨らみ、毛髪内部に浸透した色が毛髪組織の隙間をぬって流れ出てしまうためです。

 

とくに、ヘアカラー後の髪は薬剤の影響でアルカリ性となりキューティクルが開いた状態になっているため、この状態でシャンプーをしてしまうと・・・

 

あっという間に色あせてしまいます。(泣)

 

 

では、ヘアカラーの色落ちを防ぐためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?
今すぐ実践できる対処方法を見てみましょう。

 

カラーリング当日のシャンプーはNG!

 

通常、健康な髪は弱酸性でキューティクルが閉じていますが、ヘアカラー後の髪は薬剤によってアルカリ性となりキューティクルが開いた状態になっています。そのため洗髪の際に使用する水やシャンプーによって染毛料を洗い流してしまい、色落ちを加速させることになります。

 

これではせっかく染めてもあという間に色あせてしまいますよね。カラーリング当日のシャンプーはできるだけ控えるようにしましょう。

 

洗浄力の高いシャンプーの成分に気をつけろ!

 

そもそもシャンプーにはいくつかの種類があり、中には色落ちをさせやすいものもあります。

 

市販されているシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーに分類され、界面活性剤が主成分の高級アルコール系シャンプーは、その洗浄力の高さから着色料までも洗い流してしまい、安全性の高い石けん素地が主成分の石鹸系シャンプーは、アルカリ性のため髪が膨潤し内部に浸透した色が流れ出やすくなってしまいます。

 

シャンプーを購入する際は、どのような成分が使われているかを必ずチェックし、洗浄力の高い成分が使われているものはできるだけ選ばないようにしましょう。

 

<代表的な色落ちさせやすいシャンプーの成分>

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸TEA
  • テトラデセンスルホン酸Na
  • パレス‐3硫酸Na。
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na

だれでも簡単にできる!ヘアカラーの色落ちを防いで美しい髪色をキープする方法

ヘアカラーの基本中の基本ではありますが、まずはしっかり染めることが重要です! 

 

毛髪の内部まで染毛料を十分浸透させ色を定着させることで、染めあがりの髪色が色落ちしにくくなり長持ちします。そして、ヘアカラー後の正しいお手入れやシャンプー方法で、さらに美しい髪色をキープすることができます。

 

シャンプーはよく泡立ててから使おう!

 

シャンプーをしっかり泡立ててから頭皮にのせることで、髪どうしの摩擦を軽減したり使用量を少なくすることができます。そうすれば髪に負担が少なく洗髪することができ、必要以上にシャンプーを使わなくて済むので、洗浄力の影響が少なく色落ちを防ぐことができます。

 

シャンプーやコンディショナーはすぐ洗い流そう!

髪は水分を吸うことで膨らむみ、その時に毛髪組織の隙間をぬって色が流れでてしまいます。そのため洗髪はできるだけ短時間で行うのがベスト。シャンプーやリンス、コンディショナーは使用後はすぐに洗い流すのが基本の使い方ですので、長時間つけっぱなしにしてしまうとかえって髪や肌に刺激を与えてしまうことになります。洗髪は時短がポイントですよ。

 

カラーケア用のシャンプーやトリートメントを使おう!

 

ヘアカラー後の髪は薬剤の影響でアルカリ性となりキューティクルが開いた状態です。そのままではせっかく染めた色が流れ出やすくなっているため、髪を弱酸性に戻しキューティクルをしっかり閉じる必要があります。毛皮質を補い、カラーを持続させてくれるカラーリング専用のシャンプーやトリートメントなら、しっかり髪をケアしながら染め上がりの美しい髪色を長持ちさせることができます。

ヘアカラー後の髪色を長持ちさせるシャンプー方法関連ページ

髪色長持ち!白髪染めが落ちにくいシャンプーを選ぼう
白髪を染めたらそれで終わり? もしかしたら、今使っているシャンプーが原因で白髪染めの色落ちを加速させてるかもしれませんよ。ちゃんと白髪染めが落ちにくいシャンプーを選んでますか?
白髪染めとノンシリコンシャンプーの相性はいいの?
白髪染めを色落ちさせないためには、普段使っているシャンプー選びも大切!髪や頭皮に良いとされているノンシリコンシャンプーは使っても大丈夫なのでしょうか? 白髪染めとの気になる相性を調べてみました。
洗髪に白髪染めシャンプーを使えば色落ちしない!?
白髪染めが落ちてしまう原因の1つが「洗髪」なら、白髪染めシャンプーを使えば洗髪しながら白髪を染めることができるのではないのだろうか。逆転の発想でもあるこの考えは正しいのか。白髪染めシャンプーの実力を調べてみました。
白髪染めの色を長持ちさせるヘアカラー用シャンプー
せっかく白髪を染めても、すぐに色落ちしてしまうのはショックですよね。染めあがりを長持ちさせるヘアカラー用のシャンプーがあるのを知ってますか?白髪染めの色落ちを防いで、染めあがりの効果を長持ちさせてくれますよ。色落ちで悩んでいる方必見です!
白髪染めが落ちにくいシャンプーの特徴とは
染めあがりのキレイな髪色をキープするのに欠かせないのが、染めた後に行う正しいヘアケアです。髪の補修や保湿以外に、カラーケア用のシャンプーが最近注目されています。その白髪染めが落ちにくいシャンプーの特徴とはどんなものなのか調べてみました。
白髪染めシャンプーなら毎日ケアできて色落ち知らず!
白髪染めシャンプーは、いつものシャンプーと同様に使用するだけで白髪も染められる一石二鳥のシャンプーです。他の白髪染めに比べて放置時間や手間がかからずとっても時短! 毎日使うことで白髪に色付けするので色落ちする間もなく、自然な髪色をキープすることができます。
白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違いは?
白髪染めにはさまざまなタイプがあり、その特徴にはそれぞれ違いがあります。白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントにはどのような違いと特徴があるか比較してみました。
洗うたびに染まる!白髪染めシャンプーのメリットとデメリット
普段使っているシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで、洗髪と白髪染めが同時にできるなんて楽でいいですよね。でも、染まり具合や色持ちはどうでしょう?白髪染めシャンプーのメリットとデメリットについて調べてみました。
白髪染めシャンプーやカラートリートメントの正しい使い方
素手で扱うことができ、美容成分や補修成分が配合されたものが多い白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントが大変人気ですね。ただ使うのではもったいない!賢く使って白髪染めを長持ちさせましょう。
大人女性に人気!ヘアカラートリートメントのメリットとデメリット
大人女性の髪の悩みは「白髪」だけにとどまらない!そんなアレコレ髪の悩みが増える大人女性に人気のヘアカラートリートメント。そもそも、ヘアカラートリートメントとは?メリットとデメリットについてご紹介します。

HOME 色落ちさせない工夫やコツ 白髪について 白髪染めと健康 記事一覧